日刊大衆TOP 芸能

人気者“相葉雅紀”を囲む「相葉会」と「マナブ会」とは?

[ブリュレ]

人気者“相葉雅紀”を囲む「相葉会」と「マナブ会」とは?

 嵐の愛されキャラといえば、相葉雅紀だ。クイズコーナーで珍回答を出そうとも、その面白さに本人は気づかないほどの天然系である。二宮和也にいわせれば、素顔も「あのまんま」であるところが、最大の魅力だろう。

 嵐は子供から大人まで幅広い層に受け入れられている。中でも相葉は、ファミリー層に向けた番組やCMに多く出演していることから、嵐イチ、お茶の間に馴染み深い存在ではないだろうか。

 そんな相葉が中心となっている「会」があるらしい。その会とはいわゆる飲み会である。上島竜兵を中心とした「竜兵会」など、芸能界にはある人物を中心とした○○会という飲みの集まりがある。相葉にもそれがあるのだが、その数は1つではなく2つ、「相葉会」と「マナブ会」の2種類があるらしい。

「相葉会」はジャニーズ事務所の後輩たちが中心となっている会で、後輩たちが勝手に名づけた会だ。メンバーは、「ザキ」ことふぉ~ゆ~・松崎祐介、ジャニーズWEST・藤井流星、「タカ」ことHey!Say!JUMP・高木雄也らだ。

 松崎は相葉から服や靴をもらい、ゴルフにも連れて行ってもらう仲だ。藤井は、相葉とドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)で共演し、やはり服をもらうなどよくしてもらっているらしい。地元の大阪から上京するたび連絡をしては、食事をご馳走にもなっている。

 高木は、15年の『嵐のワクワク学校』を機に、相葉から「タカ」と呼ばれるようになり、連絡先を交換して以降、会に参加している。

 ほかにも今後新規会員になりそうなのが、JUMPの「ケイ」こと伊野尾慧だ。『天才!志村どうぶつ園』(日テレ系)に伊野尾がゲスト出演したことで、相葉の方から「メシでも」と誘ったことが縁だ。

 一方「マナブ会」は、『相葉マナブ』(テレビ朝日系)のレギュラーメンバーが中心となっている。同番組は、相葉初の冠レギュラー番組で13年にスタートした。

 メインは当然相葉だが、ここ数年ではアンジャッシュ・渡部建、ハライチ・澤部佑がレギュラーサポートメンバーとして浸透している。番組でのワイワイとしたノリの延長で飲みにいくという、男子会といった趣のようだ。澤部とは、プライベートで飲むことも多いという。

 かつて藤井流星が相葉のことを「天使」と表現したことがあるが、相葉は後輩にとっても仕事をする仲間にとっても愛されキャラのようだ。

人気者“相葉雅紀”を囲む「相葉会」と「マナブ会」とは?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.