日刊大衆TOP 芸能

オードリー若林「人と話したい」キャラのブレに、周囲が困惑

オードリー若林「人と話したい」キャラのブレに、周囲が困惑

 3月22日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)にオードリーの若林正恭(37)が出演し、最近抱えているという悩みを明石家さんま(60)、北乃きい(25)らに明かした。

 若林が悩んでいるのは自分のキャラのブレ。もともと人見知りのキャラでやってきたのだが、ここ最近「急激に治ってきちゃって。人と話したくてしょうがない」というのだ。しかし急激な変化に周囲は戸惑っているようで、楽屋で共演者に話しかけると驚かれたりしてしまうらしい。実際に北乃は収録前に明るい若林を廊下で目撃し、「今までとぜんぜん違って、びっくりしました」と語っていた。また、最近スタッフを飲みに誘ったところ、テレビ局の人間しか入れない会議室を用意され、「ここなら誰も聞いてないからなんでも悩み言って」と言われたこともあったようで、若林の変化に周囲はかなり戸惑っているようだ。この変化には若林もまだ慣れていないようで、さんまから「これから飲みに誘ってほしいのか?」と聞かれ、喜びながらも「飲んでいる時に、接待方法をなにかしら間違えるとは思うんですけど」と、弱気なことを言っていた。

「若林はこれまで人見知りを公言し、それがファンの共感を呼んでいたんですが、治ったというのは大きな変化ですね。最近は春日俊彰(37)もスポーツ系の仕事が増え、若林もピンでのCMやMC的な仕事が増えてきました。同世代の芸人の間では、トップクラスの売れっ子です。仕事で成功を収めたことが、若林の性格に影響したんじゃないでしょうかね」(放送作家)——明るく、前向きな若林は、新たなファンを獲得できるだろうか?

オードリー若林「人と話したい」キャラのブレに、周囲が困惑

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.