日刊大衆TOP 社会

「安倍VS麻生」消費増税をめぐる“不協和音”

[週刊大衆2016年04月11日号]

「安倍VS麻生」消費増税をめぐる“不協和音”

 アベノミクスという錦の御旗を降ろしてでも、来る選挙のためアメをバラ撒きたがる首相に、官僚の「狗」が反旗を翻した?

「アベノミクス」と「消費増税」を錦の御旗に掲げてきた安倍晋三首相が、7月に予定される参院選を控え、ついに“大衆迎合路線”へと舵を切った!?

 3月18日付の読売新聞は<安倍首相は、2017年4月からの消費税率10%への引き上げについて、景気の足踏み状態が続いた場合には先送りする方向で検討を始めた>と報道。「その後も自民党の溝手顕正参院議員会長や稲田朋美政調会長ら執行部から、増税見送りの発表を首相に求める発言が相次いでいます」(全国紙政治部記者)

 こうして“消費税率8%遵守派”が党内で主流となりつつある中、ある閣僚が、増税見送りの方針と報じた読売新聞の記者に噛みついた。その閣僚とは、あの麻生太郎財務大臣だ。麻生氏は、読売新聞の記者をつかまえて、「おまえ、勝手に話を作るな。いかにも政府が言っているような話に書き換えているが、あんまり上品なやり方じゃないな。そろそろやめたほうがいいぜ」と、“おまえ呼ばわり”をして毒づいたという。「麻生財務大臣は消費税を予定通り引き上げるべきだという“10%増税派”。その苛立(いらだ)ちが記者に向けられたのでしょう」(官邸筋) 経済政策をブチ上げる安倍内閣において、要とも言える財相の不協和音。その内幕や、いかに――。

 まず、当の安倍首相自体は、いまだ明確な態度を示していないものの、本音としては“8%遵守派”であることは事実。「安倍首相が2012年に再登板した際の最大の眼目は憲法改正。その視点で見ると、今回の参院選は任期中、最後の選挙となります。なんとしてでも3分の2以上の議席を勝ち取り、改憲に向けて進みたいのが本音でしょう。そのために衆参ダブル選を仕掛け、衆参で圧勝するのも手の一つ。つまり、選挙を勝ち抜くには、増税の延期が必要になっているのです」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

 実際に安倍首相は、前回の総選挙前に消費増税の1年半延期を表明し、その後の選挙で圧勝している。「“2匹目のドジョウ”を狙っているのでしょう。すでに布石を打っているのです」(前出の政治部記者)

次ページ >> 「安倍VS麻生」消費増税をめぐる“不協和音”

「安倍VS麻生」消費増税をめぐる“不協和音”

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.