日刊大衆TOP トレンド

プロが断言! 騙されないための「得する保険」「損する保険」見分け方

[ヴィーナス2016年04月05日号]

プロが断言! 騙されないための「得する保険」「損する保険」見分け方

 入っておけば、とりあえず安心なんて大間違い。いざという時に役立たない、実は大損していたなんてことも。アナタの契約、見直し時です!

 40代、50代男性の9割近くが加入している生命保険。どうせなら、お得な保険に入りたいものだが、開口一番「損しない保険なんてありません!」と断言するのは、『生命保険は「入るほど損?!」』(日本新聞経済出版社)など保険に関する著書を多数持つ、オフィスバトン「保険相談室」代表の後田亨氏だ。「保険とは、大勢の人から集めたお金を、万が一のことが起きた、ごく一部の人へ支払う仕組みです。集めた保険料の中から、保険会社の人件費や宣伝費も引かれますから、全体のリターンは原則マイナスになります。旬の芸能人を使ってテレビCMを打っているような大手の主力商品を選べば、当然、損しがちです」

 ズバリ、良い保険とは、“損が少ない”保険なのだ。極論すれば、保険に入らないことが一番お得だという。「現状、保障目的の保険は競馬よりも還元率が低いし、貯蓄商品や運用型の商品も、金融機関と比べても手数料が高すぎます。保険に入ることありきの前提が間違っているんです。“仕方なく保険を利用する”というスタンスであるべきです」(前同)

 そもそも、保険を仕方なく使わねばいけない状況とは何なのか。ファイナンシャルプランナーの佐藤優子氏はこう語る。「保険で備えるべきは、不測の事態。40代で働き盛りの男性が、妻と小学生の子どもを残して亡くなったり、事故で寝たきりになって働けなくなるなど、滅多に起きることはないけど、起きた際の損害は甚大なケースです。短期の入院など、起きる可能性は高そうだけど、損害はそれほど大きくないものまで、保険で備える必要はありません」

次ページ >> プロが断言! 騙されないための「得する保険」「損する保険」見分け方

プロが断言! 騙されないための「得する保険」「損する保険」見分け方

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.