日刊大衆TOP 芸能

堂本光一「溶接もボイラーも!?」資格の取得数がハンパない!

[ブリュレ]

堂本光一「溶接もボイラーも!?」資格の取得数がハンパない!

 KinKi Kidsの堂本光一といえば、「日本一チケットが取れないミュージカル」として有名な『Endless SHOCK』シリーズが有名だ。この3月には、シリーズ通算1400回公演を突破。ミュージカル単独主演回数歴代トップを独走中である。同一演目の舞台での単独主演回数は、故・森光子さんに次いで2位となる。

 この『SHOCK』シリーズをスタートさせるおよそ2年前の1998年、光一は『Gyu!と抱きしめたい!』(日本テレビ系)にレギュラー出演。翌99年からおよそ3年にわたって「資格ゲッター☆ピカイチ」という企画にトライしていた。同企画は、光一が大好きな車のA級ライセンスを取得することが目標だった。

 しかしその企画では、最終ゴールに到達するまで「資格ゲッター光一(ピカイチ)」に扮してさまざまな資格取得に挑戦することに。ドラマ、バラエティの仕事などと並行しながら、文字通り一生懸命勉強して、資格試験を受験。結果、計22もの資格免許を取得した。

 資格の更新をしなかったソフトボール第3種公認審判員、日本綱引連盟公認審判員、日本ドッジボール協会公認C級審判員は失効してしまったが、今後、光一が芸能人として生きていく限り、あまり役に立たなそうな資格はまだ多数残っている。

 たとえばローラーで道路舗装ができる「縦固め用機械資格」、飲食店を開業するための「食品衛生責任者」、ブルドーザーを運転するための「小型車両系建設機械資格」、「小規模ボイラー取扱者資格」も持っているためクリーニング店や銭湯も経営できる。

 また電気の放電現象を利用して金属をつなぎ合わせる「アーク溶接資格」も持っている。取得当時、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンがちょうど建設中で、光一はアトラクション「JAWS(ジョーズ)」の入り口に設置されているサメのオブジェのヒレを溶接。これはいまでも一部ジャニーズマニアに大人気のスポットとなっている。兵庫県出身の光一は、思わぬ形で関西に貢献していたようだ。

堂本光一「溶接もボイラーも!?」資格の取得数がハンパない!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.