日刊大衆TOP 芸能

降板のショーンK、新番組で一言も触れられず

降板のショーンK、新番組で一言も触れられず

 3月29日深夜、4月4日から本放送が始まる『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)の告知番組が放送され、キャスターや番組内容の紹介が行われた。

 同番組はラジオDJのモーリー・ロバートソン(53)とモデルの市川紗椰(29)が進行を務める報道情報番組。これまでの『あしたのニュース』『すぽると』に代わり、ノンジャンルでアトランダムにニュースを取り上げることがコンセプトとなっている。そのため当初はキャスティングもモデルの市川とショーンK(48)という大胆なもので、話題になっていたのだが……。

 御存知の通りショーンKは経歴詐称が発覚して降板。急遽、モーリーが抜擢されることになった。経歴詐称、降板に関してはフジテレビの亀山千広社長(59)が会見で「確認が不十分であったのは申し訳なく思っている」と謝罪をしたほどで、この放送でもなにかコメントがあるのかと思いきや、ショーンのショの字もKの字も発せられることはなく、淡々と番組紹介が行われただけだった。

「出だしからつまづいてしまった『ユアタイム~あなたの時間~』ですが、これが逆によかったかもしれません。過激な発言が多いモーリーですが、見識は非常に幅広く、どんな話題でもしっかり語ることができるでしょう。ショーンKだったら無難なコメントで、味気ない番組になってしまったかもしれません。スタッフも仕切りなおしということで、あらためて気合が入っていると聞いていますし、本放送がどうなるのか楽しみですね」(民放局関係者)――残念ながらショーンKはもはや過去の人、と考えられているのかも。

降板のショーンK、新番組で一言も触れられず

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.