日刊大衆TOP 芸能

キスマイ宮田が「心を許せる女性」とは?

キスマイ宮田が「心を許せる女性」とは?

 普通の男の子がジャニーズJr.になるきっかけは、さまざまだ。「母がジャニーズ好きだから」「姉や親せきが勝手に応募した」「友だちのオーディションについていった」などなど。ただ、Kis-My-Ft2・宮田俊哉の場合は、母から「あなたは将来ジャニーズに入って、光一くん(KinKi Kids・堂本)みたいになるのよ」と言い聞かせられたそうだ。

 キスマイ宮田といえば、ジャニーズきってのアニメ好きとして知られている。コンサートで「オタ芸」を披露し、自ら「アキバ好きのアニオタ」をカミングアウトしている。宮田の母はそれを長所と捉え、「光一くんも(車)オタク、俊哉もアニメオタク。オタク同士一緒じゃない!」と言ったとか。

 そんな母の洗脳ともいえる刷り込みの結果、見事ジャニーズ入り。歌手デビューを果たした宮田だが、根がビビりで優し過ぎるところがある。同じアニオタのジャニーズファンからは共感を得ているが、イケメン好きのジャニーズファンからは避けられている節がある。その傾向に拍車をかけているのは、彼が27歳にして“マザコン”の疑いがあるという点だ。

 宮田の母は現在50代で誕生日はクリスマスである。宮田は毎年クリスマスになると、母を喜ばせるためにサンタクロースの格好をする。息子なりの、目一杯の祝福らしい。カバンなど、誕生日プレゼントも欠かさない。いつか大金持ちになって、ハワイ旅行をプレゼントするのが夢だという。

 ここまでは親思いのいい息子だが、これだけで収まらないためにマザコンの疑いが持たれてしまう。たとえば母親と一緒に寝るのも、手を繋いで外出するのも、平気だというのだ。一緒に風呂に入るのも、世間がいうほどためらいはないという。

 リアルな三次元より、漫画やアニメのキャラクターなど二次元を好み、女性に対しても不慣れな宮田にとって、身近な女性といえば家族である母と姉。つまり彼にとって、母親は一緒にいて一番リラックスできる女性なのかもしれない。

キスマイ宮田が「心を許せる女性」とは?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.