日刊大衆TOP コラム

乙武洋匡と馳浩に通じる“同じ匂い”[プチ鹿島]

 乙武洋匡氏の不倫報道が話題だ。「週刊新潮」(3月31日号)が書いて以降、ほかのスポーツ紙や週刊誌も追っている。さまざまな情報が報じられているが、私が興味をもったのが「乙武仕掛け人は馳浩」とあった記述である(「週刊文春」4月7日号)。ああ、想像できると思った。私のなかで、馳氏と乙武氏はどこか同じ匂いがするからだ。

 90年代初めの新日本プロレスにおいて、馳浩はなくてはならない存在となっていた。タッグマッチでは自分が率先して試合をつくり、シングルでもタッグでもいい働きをする。メインイベントも中盤の試合も、どんな状況でも確実に会場を盛り上げた。嫌味なほど試合が巧い。団体にとってあれほど重宝した選手はいなかっただろう。

 しかし1995年に馳はあっさり政界へ転身する。馳のプロレスを楽しみながらも、この人は「今よりももっとどこか」を探しているんじゃないか?と薄々感じていた観客は妙に納得した。

 政治家は「いい人」よりも「したたかな人」のほうが似合っている職業だ。なのでそれまで馳に感じていたやり手感と巧さ、ソツのない立ち居振る舞いは政界ならもっとハマるはずだと納得したのである。政治家を目指す馳に期待したというより「おぬしもワルよのう」「永田町でもどうせ出世するんだろう?」というニヤニヤした見方だ。

 それと同じものを乙武氏にも感じていた。メディアでの完璧な受け答え、ウィットに富んだ言説。ソツのない立ち居振る舞い。まるで「鼻につくほど巧い」馳浩のプロレスそのものではないか。そして乙武氏も「今よりももっとどこか」を探しているんじゃないか? という匂いがプンプンしていた。その矢先に政界進出の噂が流れた。友人が代表をつとめる政党から出馬するという約束を反故にして、大きな党に乗り換えたとも報じられた。すでにしたたかな「政治家」だ。

 で、どうやらその大きな党で乙武氏に声をかけたのが馳浩氏であるという。馳はプロレスラー時代、アマチュアレスリング界とのパイプを利用してトップクラスレベルの人材をどんどん入団させた。叩き上げが多かった新日本プロレスの風景を変えてしまった。そろそろ馳は自民党でもそっちの面で影響力を発揮したいのだろう。

 でも今回はミソをつけたようだ。馳氏と乙武氏の2人のやり手は今後どう動くのか。それぞれ野次馬物件として注目しておいたほうがいい。

プチ鹿島
PROFILE
1970年5月23日生まれ。お笑い芸人。オフィス北野所属。時事ネタを得意とする芸風で、新聞、雑誌などにコラムを多数寄稿。ラジオ番組「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)、「荒川強啓のデイキャッチ」(TBSラジオ)、「キックス」(YBS山梨放送)ほか、TVや映画など多方面で活躍中。



「教養としてのプロレス」(プチ鹿島/双葉社)2014年8月7日発売 新書判304ページ





 今もっとも注目すべき文系芸人・プチ鹿島氏による初の新書が双葉社より発売! 「どの週刊誌よりも売れていた」という90年代黄金期の週刊プロレスや、伝説の編集者・井上義啓氏の週刊ファイトなどの“活字プロレス”を存分に浴びた著者による、“プロレス脳”を開花させるための超実践的思想書。 「半信半疑力を鍛える」「グレーゾーンを許容する」「差別に自覚的になる」等々、著者が30年以上に及ぶプロレス観戦から学びとった人生を歩むための“教養”を、余すところなく披瀝。すべての自己啓発本やビジネス書は、本書を前に、マットに沈むこと必死!

プチ鹿島氏のコラムが読める雑誌「EX大衆」は毎月15日発売!


ブログ:http://orenobaka.com/
ツイッター:@pkashima

乙武洋匡と馳浩に通じる“同じ匂い”[プチ鹿島]

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.