日刊大衆TOP 芸能

矢口真里「ベッキーに感謝しろ」有吉弘行の毒舌に苦笑い

矢口真里「ベッキーに感謝しろ」有吉弘行の毒舌に苦笑い

 4月1日放送の『有吉ジャポン』(TBS)に矢口真里(33)が出演。司会の有吉弘行(41)が言った一言に、矢口が頭を抱える一幕があった。

 番組の冒頭、「成り上がりジャポン」という人気企画についてトークが進められた。矢口は明るく「(企画の)大ファンで、すごい楽しみにしてきたんです」と話した。そんな矢口に対して、有吉弘行が「良いですね。だいぶ、あの事件のイメージ無くなってきましたね?」と、クローゼットを開けるような身振りをしながら、矢口の過去の騒動について触れた。

 矢口は一瞬下を向いたが、顔を上げると、「それ言うと、たぶん戻ってきちゃうんです。でも最近、そういうニュースが多いんで、そっち系のコメンテーターを色々やらせて頂いてます」と、自身の自虐発言に吹き出しながら、現在の活動状況を語った。

 すると、出演者の西川史子(44)は矢口に「完全に駄目になるなっていう思いもあったって事でしょう? 一時期は、芸能界にはもう復帰出来ないなって……」と、矢口に質問した。矢口は「そうですね。ゼロの時がありましたね」と答えた。西川は「そこから、ここまで来たんだもんね」と、ゼロから再出発し今は普通にテレビに復帰した矢口に対し、感心している様子でうなづいた。

 矢口は「この番組のおかげです。本当にありがとうございます」と両手を合わせ、有吉に頭を下げた。

 すると有吉はそれを即座に否定し、「違います。違います」と手を横に振る。有吉はまじまじと矢口を見ながら「毎日ベッキーさんに感謝してください」と、ベッキーの騒動が起こったので矢口の不倫イメージが減少し、芸能界に復帰できていることを示唆した。矢口は頭を抱え、困った様子で苦笑いするしかないようだった。

「矢口は4月からスタートする『教えて!アプリ先生』(TOKYO MX)にレギュラーMCとして出演することが決まっています。あの不倫騒動から3年が経ち、バラエティ番組に起用される機会が増えてきましたが、『ようやく本格復帰か?』という評価が得られつつあります」(番組制作関係者)――芸能人として致命的ともいえる騒動を起こした矢口だが、復帰に成功すれば他の「ゲス不倫」有名人たちの模範になれるかもしれない?

矢口真里「ベッキーに感謝しろ」有吉弘行の毒舌に苦笑い

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.