日刊大衆TOP 芸能

峯岸みなみ「グラビアのお仕事も、需要があれば(笑)」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2016年04月18日号]

峯岸みなみ「グラビアのお仕事も、需要があれば(笑)」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 アイドルとしてだけではなく、バラエティ番組、ドラマ、映画に引っ張りだこの峯岸みなみさん。4月9日に公開された映画『女子高』で初主演を果たす彼女に、現場の雰囲気や、グッとくる男性の言動までバッチリ訊いちゃいました!

――おお! 今日は制服なんですね!!

峯岸:今回、初めて主演をさせていただいた映画『女子高』での衣裳なんです。普段、AKBの舞台でフリルなんかが付いたアレンジした制服を着ることがあるんですけど、ここまで、リアルな制服だと、やっぱり年を感じさせる部分もあります(笑)。

――その映画『女子高』は高校卒業後、7年振りに再会した女子6人。そのうちの一人が同窓会の最中に殺されてしまい、それが切っ掛けで学生時代の“ある事件”の真相が暴かれていくというサスペンスですね。

峯岸:私、ほとんどお芝居の経験がなかったので、まさか主演映画のお話をいただけるとは思っていなかったので、最初聞いたときはドッキリなんじゃないかなって疑っていました(笑)。

――それほど実感が湧かなかったんですね。

峯岸:“よし、頑張ろう!”というより“へぇ~、そうなんだ”って。あんまりぬか喜びはしないようにしようって思いました。

――初主演ということでの気負いなんかはありましたか?

峯岸:共演者との最初の顔合わせの時に、みんな、演じる役のキャラとかを自分なり考えてきていたんです。でも、私は台本を一回、目を通したぐらいで……。そんな自分を責めましたし、モデルをしている子も多いので、体型も気を付けなきゃなって(笑)。

――主演であることの大変さを改めて実感されたんですね。今回、演じた高橋香月はどんな女の子ですか?

峯岸:周りのメンバーはそれぞれキャラが立っているんですが、香月は素朴で普通の子なんです。一番、自分に似ているなって。

次ページ >> 峯岸みなみ「グラビアのお仕事も、需要があれば(笑)」ズバリ本音で美女トーク

峯岸みなみ「グラビアのお仕事も、需要があれば(笑)」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.