日刊大衆TOP コラム

「無期懲役」受刑者は何年服役する?

[週刊大衆2016年04月18日号]

「無期懲役」受刑者は何年服役する?

 凶悪犯罪者に対する最高刑は死刑。その次に厳しいのが無期懲役ですが、無期懲役に対しては“甘い刑”というイメージを持っている人もいるようです。「無期といっても、15年も服役すれば仮釈放される。死刑とは差があり過ぎるのではないか」というわけです。確かに、法律上は10年間服役すれば仮釈放は可能。実際に15年程度で出てきた例もあります。しかし、そんなことがあったのは何十年も前。今は最低でも25年以上服役しないと、仮釈放のチャンスは与えられなくなっています。

 本来、無期懲役は終身刑と同じような刑罰で、一生、刑務所から出られないのが原則です。仮釈放の制度があっても、その審査は厳しく、認められることはマレ。大部分の無期受刑者は刑務所で人生を終えます。2014年の時点で、無期受刑者の数は1842人でした。この年、仮釈放が認められたのは何人だった?

(1)1人
(2)6人
(3)10人

答えはココを押す! 答え:(2)

出題:浜川卓也

「無期懲役」受刑者は何年服役する?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.