日刊大衆TOP 芸能

ローラにJUJU、芸名と本名のギャップが激しい芸能人たち

ローラにJUJU、芸名と本名のギャップが激しい芸能人たち

 ライバルが多い芸能界では、なによりもまず名前を覚えてもらうことが重要だ。ありきたりだったり覚えにくい名前では、人の記憶に残りづらいからだ。そこでお馴染みの芸能人たちの本名を調べてみたら、案の定、芸名と大きくかけ離れた名前が出てきた。その一部を紹介しよう。

 まず多いのがミュージシャンだ。ナチュラル系のアンジェラ・アキ(38)の本名は「安藝 聖世美(あき・きよみ)アンジェラ」と、なにやらゴージャスな雰囲気。JUJU(40)は「園田淳」と意外に普通だった。男女の区別なく人気が高い椎名林檎(37)は「椎名由美子」。物を名前にしたのには、実は漫画家の吉田戦車氏(52)の影響があったと本人が語っている。風変わりな芸名といえばつんく♂(47)だが、彼も「寺田光男」と普通。いっぽうL'Arc~en~Cielのhyde(47)は「寶井(たからい)秀人」と、なにやらめでたそうで、キャラと合っている!?

 風変わりな芸名が多いハーフ系タレントも、本名が類推しにくい。ベッキー(32)の本名は「レベッカ・レイボーン」。JOY(30)は「ジョゼフ・グリーンウッド」。マリエ(28)は「玉木・パスカル・マリエ」など、ファーストネームを芸名にしている場合が多いようだ。とはいえ、ローラ(25)の本名は「佐藤えり」と純和風。デビュー当時は「西園寺ローラ」と名乗っていて、これが本名かと勘違いされたが、実はマネージャーがつけた芸名だったという。

 そしてさらに変わった芸名が多いのがおネエ系タレントだろう。こちらは古株のおすぎ(71)とピーコ(71)の「杉浦孝昭・杉浦克昭」、IKKO(54)の「豊田一幸」、ミッツ・マングローブ(40)の「徳光修平」、マツコ・デラックス(43)の「松井貴博」と、本名の意外度は抜群。共通している点としては本名の一部が芸名に残されていることだろう。ちなみにKABA.ちゃん(46)も本名の「椛島永次」から、一部を取っている。

 彼らの本名を見てみると、確かに覚えにくかったり、ありきたりなものが多い。やはり思い切って変わった芸名にすることは、必要だったのだ。

ローラにJUJU、芸名と本名のギャップが激しい芸能人たち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.