日刊大衆TOP 芸能

「次期監督人事」裏情報 vol.3

[週刊大衆9月16日号]

「秋山監督は来季も契約が残っている。ただ、孫オーナーは、秋山をそれほど高く評価してはいません。同業の三木谷オーナーに強烈なライバル心を抱く孫オーナーにしてみれば、楽天の下にいるのは我慢ならないんです」(番記者)

続投決定の秋山監督だが、オーナーが癇癪を起こして万が一、契約半ばでクビとなると、小久保裕紀氏にバトンタッチというのが球団の方針だという。
王会長も小久保氏を高く評価しており、「WBC日本代表監督就任の噂もある」(前出・事情通)ほどだという。
「大穴としては、孫オーナーにハマっている古田も考えられる」(前同)
古田氏は2度目の登場。

次に西武。
「渡辺久信監督の去就はCS次第だが、"そろそろ、お引き取りいただきたい"というのが球団の本音」(番記者)とか。
次期監督の最有力候補は潮崎哲也・二軍監督。
これは既定路線のようだ。
「大物OBの工藤公康氏が売り込みをかけているという噂もありますが、外資が大株主の西武は、その意向もあり、カネのかかる派手な監督を招聘できる状況にありません」(前同)

日本ハムはどうだろう。
「下位に甘んじていますが栗山監督は安泰。監督1年目でリーグ優勝を果たし、今季は大谷の二刀流で球界の話題を独占。ハムは勝ち星より集客優先のお家柄。二刀流は球団の意向でもあり、それを忠実にこなし、集客に成功した点が評価されているんです」(番記者)
後釜と目されるのはOBの白井一幸氏だが、対抗馬として、ここでも古田氏の名が囁かれているという。

最後にオリックス。
「来年は本社が創立50周年を迎える。"記念に優勝を"と大物・落合博満を呼ぶ声もあるが、結局はシブチンと噂される球団。"カネがかかる"と諦めムードのようです」(前出・事情通)
結局、森脇浩司監督が続投する可能性が一番高いというが、一部には、大穴として「番長・清原和博」の名が挙がる。
「ただし、手腕は未知数だし、カネがかかることは間違いないので及び腰。現実的な大穴は、OBの田口壮氏。したたかな宮内オーナーが、松井に先んじて、日本初のメジャー出身監督として売り出す可能性は十分あります」(前同)

来季の指揮官12人の顔ぶれは、はたして?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.