日刊大衆TOP 芸能

「次期監督人事」裏情報 vol.2

[週刊大衆9月16日号]

"中畑監督クビ"の場合、今年から東大野球部の特別コーチを務める桑田真澄氏の名前が挙がっているが、
「桑田が本当にやりたいのは巨人の監督。ただ、渡邉会長と折り合いが悪いため、会長の目の黒いうちは可能性はゼロ。巨人は、よその球団で監督をしたOBに指揮を執らせることはまずない純血主義。桑田が焦れたら、DeNAからの要請を受けるかも」(巨人関係者)

ヤクルトは、小川淳司監督の退任が濃厚。
その場合、荒木大輔投手コーチと池山隆寛打撃コーチのどちらかが後釜に座るのが既定路線だと言うが、
「荒木が一歩リード。彼の弱点は、かつて楽天の監督要請に色気を見せた"浮気癖"くらい。池山はコーチとしての能力に疑問符がつくので、フロントの評価は芳しくない」(事情通)
となると小川監督の続投になろうが、伏兵現る。
今シーズン限りでの現役引退を表明した宮本慎也だ。
「本人は"しばらく外から勉強したい"と公言しており、球団もそれを了承済み。近い将来の監督就任は間違いないが、来季は短兵急にすぎるかも」(番記者)

パ・リーグに目を移してみよう。
"負けないエース"田中将大の活躍もあり、今季絶好調の楽天は"名将"星野仙一監督を続投させると見るのが常識的。
「すでに三木谷オーナーから続投要請がありましたが、星野監督はこれを保留している。これは、策士・星野が仕掛けた"条件闘争"という面もありますが、実は"監督はしんどい"と漏らしており、GM就任を狙っているとも言われています」(ベテラン記者)

また、三木谷オーナーは本音では星野監督を疎ましく思っているようで、「辞めるなら引き留めない」(前同)というスタンスとか。
星野退任は予断を許さない様子だが、その場合の最有力候補は、古田敦也氏ではないかと囁かれている。
「古田は三木谷オーナーにかなり食い込んでおり、べったりと言ってもいいほどの関係。オーナー人事で決まるかも」(番記者)

ロッテは、伊東監督の投が最有力とされる。
「対抗馬の井口資仁はメジャーから移籍した際、監督の約束手形を切られていますが、手形を切った幹部がすでに球団を離れています。ただ、人望が厚く、再度、監督要請されるはずです」(前出・球界関係者)

ソフトバンクも、秋山幸二監督の留任でほぼ間違いなさそうだ。

9月11日公開のvol.3に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.