日刊大衆TOP 女性向け

キムタク「さんまの罠」でハマッた“大人の遊び”

キムタク「さんまの罠」でハマッた“大人の遊び”

 アラフォーで、2児のパパであるSMAP・木村拓哉。この年になると、いわゆる大人の嗜みといわれる遊びはひと通り経験したが、若いころにはヘンなこだわりがあったという。いずれも、「おっさんがやる遊び」という理由で、麻雀とゴルフだけは絶対にやらなかったそうだ。

 ところが二十歳でつかんだレギュラー番組『夢がMORIMORI』(フジテレビ系)に出演していたころ、プロデューサーに誘われてゴルフに初チャレンジした。お世辞にも楽しいとは思えず、「どうせこんなの(将来)やんねーし」と渋々おつきあいをした感じだった。そんな木村の考え方を変えた芸能人が明石家さんまだ。

 2人は、2002年のドラマ『空から降る一億の星』(フジ系)で初共演した。撮影中の空き時間、負けず嫌いの木村の性格を知ったさんまがわざと、「麻雀とゴルフだけは、おまえに絶対負けへんわ」と豪語した。まんまと罠に引っかかった木村は、思わずムッとしながら「今、なんて言いました?」と聞き返した。これで木村のスイッチが入る。

 同年11月13日、30歳になった木村のために、さんまはゴルフクラブ一式をプレゼントした。一緒にラウンドを回ろうという意味を込めたプレゼントだ。こうして木村は、「おっさんがやる遊び」に足を踏み入れ、のちに生涯の親友と呼ぶ仲になるさんまと共通の趣味を持った。コースを初めて一緒に回った相手も、さんまだ。

 ゴルフを趣味にしてからの木村は、俳優・沢村一樹とコースを回り、成長した腕前を披露したこともある。慕ってくる後輩のKAT-TUN・亀梨和也を誘って、コースに出たことも。およそ8年前には、テレビ番組の企画でプロゴルファーの石川遼と夢の対談を実現し、至福の時間を過ごした。

 そして今年、ついにゴルフウェアブランド・Munsingwear(マンシングウェア)のアジアでのブランドキャラクターに抜てきされた。今後は、中国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、韓国を中心としたアジア各国に、ブランドキャラとして木村が登場することとなる。

 かつては「おっさんがやる遊び」と思っていたゴルフだったが、いまや木村にとってなくてはならないもののひとつになったようだ。

キムタク「さんまの罠」でハマッた“大人の遊び”

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.