日刊大衆TOP 娯楽

皐月賞と賢者の「石」【井崎脩五郎 競馬新理論】

[週刊大衆2016年04月25日号]

 皐月賞の成績を、10年前、20年前……と見ていくと、新理論好きなら誰でも、名前のなかに「イ」「シ」のふた文字を持っている馬が、10年置きに激走していることに気づく。事の始まりは、40年前の1976年。この年の皐月賞は、厩務員ストライキで実施が1週間順延され、コースを東京に変えて行われたのだが、そんなトラブルをものともせず、2番人気のトウショウボーイが、後続を5馬身もちぎって勝った。ものすごい速さと強さ。

 良馬場の皐月賞で後続を5馬身もちぎったのはトウショウボーイが最初でいまだに破られていない。このトウショウボーイの名前のなかにある「イ」と「シ」が、10年後、1986年の皐月賞でまた出現するのだ。

 4番人気のフレッシュボイスが、強烈な末脚で2着に突っ込んできたのである。その10年後、1996年の皐月賞では、イシノサンデー(4番人気)が優勝。そのまた10年後、2006年の皐月賞はメイショウサムソン(6番人気)が優勝。

 さらにまた10年たって、今年はその「イシ」の年なのである。さて、どんなイシが……。登録馬を見たら、この世で最も固い“石”、ダイヤモンドを名に持つ馬がいた。こりゃあ、もう、この馬で決まりだよ。サトノダイヤモンド!

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

皐月賞と賢者の「石」【井崎脩五郎 競馬新理論】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.