日刊大衆TOP 娯楽

ミドルペースでも末脚炸裂! 差し切るディーマジェスティ「レース傾向分析 須田鷹雄」

[週刊大衆2016年04月25日号]

バナー

 サトノダイヤモンドはここまでの3戦で圧勝。最初の2レースは極端なスローペースの競馬で、前走のきさらぎ賞はある程度平坦なラップだったが、それでも圧勝となったのは決め脚の差がものを言ったからだ。少頭数のきさらぎ賞を圧勝し、多頭数のGⅠへ……というのは昨年のルージュバックと同様だ。今回強気の位置取りでいくならチャンスは十分だが、後ろからになると、桜花賞で馬群に沈み、9着で終わった同馬のようにもなりかねない。また、きさらぎ賞というのは出世レースとは言い難い面があり、レース間隔が中途半端に開くことも、マイナス。能力は評価するが、▲ということにした。

 皐月賞へのメインルートである弥生賞は、今年はちょっと特殊な競馬だった。道中13秒台のラップを消化しつつ、最後の3Fのレースラップは12秒5-11秒3-11秒3だから、直線の手前から急加速したことになる。この展開に対し、○リオンディーズのデムーロはぐいぐい位置を取りにいき、△マカヒキのルメールは後方待機。最終的にはマカヒキがぎりぎり届いた。同馬は3戦連続、極端に上がりの速い競馬を制して勝ってきたことになる。しかし、一般的に皐月賞は道中のペースが速く、かつ平板なラップになることが多い(キャプテントゥーレが勝った年のような例外もあるが)。そのようなレース展開に同馬が対応できるかどうか未知数だし、後方で溜める競馬自体、12頭立ての前走・弥生賞より頭数が増える本番では、さばく手間が増すからだ。

 リオンディーズが前走で見せた、自分で競馬を作る、攻めた乗り方は予行演習として良かったと思う。サトノダイヤモンドやマカヒキにとって不利な競馬になるのは、速めの平均ペースになるケースだ。そういう競馬になって得をする馬は、◎ディーマジェスティではないだろうか。

 共同通信杯から皐月賞というローテーションは、同じように間隔が開くきさらぎ賞よりも成功例が多い。また、今年の同レースは道中のラップに緩んだところがなく、「皐月賞らしい皐月賞」になった場合には、前走の経験が生きるのではないかと思う。

■須田鷹雄 プロフィール
1970年東京都生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。大学在学中に競馬ライターデビュー。競馬以外のギャンブルも含めた「旅打ち」をライフワークとし、国内の全公営競技場を踏破した経験を持つ。

ミドルペースでも末脚炸裂! 差し切るディーマジェスティ「レース傾向分析 須田鷹雄」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.