日刊大衆TOP 芸能

ゴジラ松井に監督禅譲で決意!? 原監督に「プロゴルファー転向説」

[週刊大衆9月9日号]

「プロ野球選手はみんなゴルフが大好きで、オフになると正月と大みそか以外はゴルフですよ。ミスター(長嶋)は大みそかもゴルフしてましたけど(笑)。
アスリートだけにうまい人も多くて、ソフトバンクの秋山幸二監督は飛ばし屋で、広島の前田智徳はゴルフも天才的です。ただ、そのなかでも一番は、あの人でしょうね」
と、スポーツ記者が太鼓判を押すのが巨人・原辰徳監督。

球界ナンバーワンと関係者が口を揃えるその腕前は、ベストスコア66を2度も記録したことがあるほど。
ゴルフ評論家の早瀬利之氏もこう評す。
「この数字はプロでもなかなか出せませんよ。野球選手は、野球のクセが抜けにくいものですが、原さんは東海大学時代からゴルフを始めたぶん、その心配は少ないですね」

選手時代はゴルフスイングに似たアッパースイングを武器に、巨人の4番を張り、監督就任後は5度もリーグ優勝している。
今シーズンも首位を独走中だ。
まさに大監督への道を驀進している原監督だが、ある仰天プランが浮上している。
「渡米してゴルフのシニアツアーに参戦し、世界ランク1位に長年君臨していたグレッグ・ノーマンと戦おうとしているんです。まさかのプロゴルファー転向ですよ」(スポーツ紙デスク)

球界きっての名将がゴルファーに!?
にわかには信じがたい話だが、その背景を巨人担当記者に聞こう。
「巨人が数年後に松井秀喜を監督に据えるのは既定路線。原さんも松井と会食し、監督を禅譲する意思を伝えているとか」

安心できる後継者もできたので、自身のやりたいことをやれる状況は整ったと言える。

「原監督は04年に、神奈川の名門クラブのクラブチャンピオンになったのですが、シニアの部を制したのが父の貢さんだったんです。原監督よりうまいという評判ですし、親子でシニアツアーへの参戦もあるかもしれませんよ」(前同)

かつて東海大で親子鷹として話題になった2人が、今度はグリーン上で並ぶ!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.