日刊大衆TOP 芸能

日本シリーズ2013 完全シュミレーション「巨人VS楽天」こうなる! vol.2

[週刊大衆9月9日号]

移動日を1日挟んで、舞台は東京ドームへと移る。
第3戦。巨人はルーキー・菅野智之が先発。対する楽天はダックワースを選択。
楽天は、2回に菅野からジョーンズがソロホームランを放って、まずは1点。
だが、3回裏、巨人が阿部、長野久義の連続タイムリーで、あっさりと逆転。
4回、シリーズ絶好調のマギーが特大の3ランホームランをかっ飛ばし、4-2と再逆転する。
5回裏、2点のリードをもらったダックワースが突如、崩れ始める。連打でランナーをため、2点を失う。
星野監督は投手交代を告げるが、さらに高橋由伸のホームランで2失点し、6-4と巨人がリードする。

「楽天が苦しいのは、田中、則本に続くピッチャーがいないこと。今シーズンは、ダックワースや美馬学など残りの先発陣がピリッとしない。"第三の男"の活躍がシリーズの行方を握っているとも言えます」(前出・楽天担当記者)
さらに巨人は6回、今度は坂本勇人が2ランホームランを放ってダメ押し。最終回に楽天も意地の1点を返すが、万事休す。
8-5で巨人が勝ち、シリーズの流れを引き寄せる。

第4戦。
ここで巨人が勝てば王手とあって、楽天は"背水の陣"を敷く。
先発は「中3日」の田中。
対する巨人が送り出すのは澤村拓一。
同い年でありながら、実績では田中の後塵を拝している澤村としては、負けられないと意気込む。
両者の意地がぶつかり合い、第4戦は息づまる投手戦となる。
田中が5回までに10三振を奪えば、澤村も負けじと8三振を奪取。
6回、死球で出た聖沢がすかさず盗塁。
これをベテラン・松井稼頭央が三遊間を抜ける渋い流し打ちで返し、貴重な1点をもぎ取る。

「短期決戦では、勝負の勘所を知るベテランの存在が勝敗を決めるケースが出てきます。楽天ならば松井、巨人ならば高橋由、代打の切り札・石井義人あたりがキーマンになるのでは」(前出・ベテラン記者)

田中は打線がもぎ取った虎の子の1点を守り切り、9回2安打完封で巨人打線を抑え切った。エースの奮闘で、楽天は星を2勝2敗の五分に戻す。
これで第5戦をものにしたチームが、先に王手をかけるという事態が訪れた。
巨人は中4日でエース・内海を送り出す。
一方、星野監督がマウンドを託すのは09年ドラフト1位で、今年ローテーションの一角を担う戸村健次。
「戸村は、素質は高いんですが、まだ勝ったり負けたりで不安定さはぬぐえない。今シーズンも、援護点をもらった直後に崩れる場面が多いんです」(前出・楽天担当記者)

ところが、蓋を開けてみると、この戸村が嬉しい誤算。
7回2失点の巨人・内海に対して一歩も引かず、同じく7回2失点。
勝負は互いのリリーフ陣を注ぎ込む総力戦となる。
だが、シーズン中、中継ぎの要として奮闘してきた小山伸一郎が巨人打線に捕まる。
8回に亀井義行の勝ち越しタイムリーを浴び、3-2と巨人がリード。

接戦を制した。

9月4日公開のvol.3に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.