日刊大衆TOP 芸能女性向け

無名時代のSMAP中居正広が放り込まれた「とんでもない場所」

無名時代のSMAP中居正広が放り込まれた「とんでもない場所」

SMAPが結成される、およそ2年前の1986年。まだジャニーズ事務所に入って間もない、中学2年生だった中居正広は、とんでもない場所に放り込まれていた。そこは、当時から野球が大好きだった中居ならではの場所、野球の聖地「後楽園球場」だった。

かつてのジャニーズでは、ファンが人気絶頂のアイドルたちを間近で見られる“野球大会”が恒例のイベントとなっていた。中居が放り込まれたという場所は、1986年のジャニーズ野球大会。まだ東京ドームも建設されていない時代の出来事である。

シブがき隊の本木雅弘、薬丸裕英、布川敏和、まだデビューしたてだった少年隊の東山紀之、錦織一清、植草克秀などが守備を固め、ピッチャーを務めたのは近藤真彦。そんな豪華なチームメイトにひとり、まだジャニーズJr.だった中居が、セカンドを守るという異例の大抜てきをされたのだ。

小学生の頃から、草野球に真剣に取り組んでいたという中居だが、いつもテレビで観ていた大スターたちにまぎれて、一緒に野球を楽しむ余裕などない。タイムがかかり、内野陣がマウンドに集まったときは、となりにマッチ、シブがき隊、少年隊らがいることに違和感を抱き、「俺、何してんだろ…」とドキドキしたという。中居はこのときのことを自身のラジオでも語っており、「マッチさんは、コイツ誰なんだろうな? って思ってたんだろうな」と述懐した。

何故このとき、中居がメンバーに入れられたのかは、いまになっても不明だというが、ジャニー喜多川社長が、のちにSMAPのリーダーとなる「中居正広」という人物の度胸の強さを確認したかったのかもしれない。

無名時代のSMAP中居正広が放り込まれた「とんでもない場所」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.