日刊大衆TOP 芸能女性向け

TOKIO長瀬智也をひっぱたいた先輩ジャニーズとは?

TOKIO長瀬智也をひっぱたいた先輩ジャニーズとは?

 山口達也に続いて国分太一も結婚し、同一グループから2人目の既婚者を出したTOKIO。この実例によって、暗に囁かれていた「1グループ1人だけ結婚説」が崩壊した。TOKIO最年長(今年で45歳)のリーダー・城島茂は、いまだに未婚者のままだが……。

  しかし、このリーダー、ジャニーズ事務所に入所した18歳のときは、かなり神経質だったという。のちに同じTOKIOとなる長瀬智也と会ったのは、長瀬がまだランドセルを背負っていたとき。当然話すこともなく、親心で見守っていた。

  ところが温厚で知られる城島を、長瀬が唯一怒らせたことがある。爪を噛む癖だ。最年少の長瀬は、TOKIOの結成発表と同時にメインボーカルになった。当然、長瀬は動揺を隠せない日々が続いた。その思いを隠すために、つい出てしまった癖が爪を噛むことだった。その親指を「パチン!」と叩き注意したのが、長瀬といちばん年齢差がある城島だったのだ。

  城島は、松岡昌宏が地ベタに缶ジュースを置いただけで注意したほど細かい性格。だが、長瀬だけには寛容。爪をかじった「パチン事件」以降、手を上げたことは1度もない。長瀬の才能をすでに見抜いていたのか。それとも、言うに値しないと諦めていたのか……。どちらにしてもやはりリーダー・城島茂はTOKIOの親的な役割であるようだ。

TOKIO長瀬智也をひっぱたいた先輩ジャニーズとは?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.