日刊大衆TOP 芸能

ダンスが橋渡し!? 剛力彩芽とキスマイ・千賀の「意外な関係」

ダンスが橋渡し!? 剛力彩芽とキスマイ・千賀の「意外な関係」

 東京近郊には、いわゆる「芸能人の通う学校」が複数存在する。その代表校が堀越高等学校であるのは、いわずもがな。だが、ここ数年で堀越に肩を並べている高校がある。それが、日出高等学校だ。Kis‐My‐Ft2では玉森裕太、千賀健永が卒業している。日出時代、千賀と同じダンス部に入部していたのは、女優・剛力彩芽。千賀より2学年下のため、実質1年しかクラブメイトではなかったが、互いに印象に残る存在だったようだ。

 剛力といえば、デビュー曲『友達より大事な人』で見せた「プロペラダンス」が話題になった。姉の影響でダンスをはじめたのは5歳の時で得意なダンスはジャズとヒップホップ。いっぽうの千賀も、キスマイのコンサートでは振付師としての役割を担うほどの腕前。幼稚園児のころからレッスンを積み、小学生のころにはダンスコンテストでの優勝経験もある。07年には、タッキー&翼・滝沢秀明のプロジェクトとして発進したダンスユニット・舞闘冠(ぶとうかん)に選抜され、周囲から期待された。

 そんな千賀を、高校1年生の剛力が初めて見た印象は、「クール」で「怖い人」。身の丈以上に見せたい年頃だった千賀は、カッコつけることで精いっぱい。人見知りを隠すために、悪ぶっていたそう。そんなふたりなので、当然恋が芽生えることは全くなかったようだ。ファンのみなさん、ご安心を。

ダンスが橋渡し!? 剛力彩芽とキスマイ・千賀の「意外な関係」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.