日刊大衆TOP トレンド

友達やペットとも一緒に入れる?新しいスタイルの「お墓」が話題に

友達やペットとも一緒に入れる?新しいスタイルの「お墓」が話題に

 親だけでなく自分たちにもいずれ訪れる人生の最期。誰にでも平等に降りかかってくる「終活」というテーマですが、エンディング後のことを考えると気になるのはお墓について。新たに購入するとなると、墓石代や永代使用料、管理費もろもろで平均相場は200万円、都内なら300万円~と高い買い物になります。最近はお墓はナシというスタイルを選択する人たちもいますが、味気ないうえに親戚からはなにか言われてしまいそう……。

 そんな中、最近注目のスタイルが「樹木葬」です。樹木葬とは、墓地や霊園に遺骨を埋葬した際、墓石ではなく樹木を墓標として弔うもの。墓標として用いられる樹木は大きくならない低木が多く、ハナミズキ、サルスベリ、ウメモドキ、エゾアジサイ、モミジなどが一般的。桜など大きな樹木のまわりに葬地を構えるタイプや、花壇に囲まれた合同葬地のタイプなどもあり、スタイルはさまざまなようです。また、墓地によっては区画内でガーデニングを楽しめたり、家族以外の友達やペットとの共葬が可能なところも。まるで庭園のような環境のため、お盆やお彼岸など昔ながらの縛りを気にせず、散歩感覚でお参りできると人気の兆しを見せています。

 最近は維持費に窮して墓仕舞いに踏み切るというケースも多い中、樹木葬利用料の相場は20~70万円と価格もリーズナブル。年間管理料が不要な霊園もあり、子供たちへの負担も軽いということでエンディング後の選択肢に加える人が増加中だとか。まだまだ先のことだからこそ、元気なうちにいろいろと考えておく必要があるのかもしれません。

友達やペットとも一緒に入れる?新しいスタイルの「お墓」が話題に

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.