日刊大衆TOP 芸能女性向け

木村拓哉も向井理も年下夫…「姉さん女房」の芸能人夫婦たち

木村拓哉も向井理も年下夫…「姉さん女房」の芸能人夫婦たち

 オジサンになりかけてる男よりも、若くてカワイイ年下のほうがいいに決まってる! 働くアラフォー女子の間でブームになっている年下男子との恋愛。おごったり甘えさせてあげたりとなかなか大変ですが、年上女性と年下男性の組み合わせは意外と相性がよく、なかには結婚しちゃうカップルまでいます。もちろん、芸能界でも奥さんが年上というケースは多々見かけます。今回はそんな姉さん女房&年下夫の芸能人夫婦を集めてみました!

●向井理(33)×国仲涼子(36)……2012年にドラマ『ハングリー!』(フジテレビ系)での共演がキッカケで交際スタート、その2年後に見事愛を実らせた向井さん&国仲さん夫婦。今年9月には第一子である男児も生まれ順風満帆ですが、結婚の影響かこれまで甘いマスクを武器に世の女子たちをトリコにしてきた向井さんが、今年度「恋人にしたい男性ランキング」でまさかの圏外となってしまいました。国仲さんは日本中の女性に恨まれる姉さん女房……かもしれませんね。

●木村拓哉(43)×工藤静香(45)……国民的イケメンのキムタクと、元おニャン子で歌手としても人気を博した工藤さんが結婚したのは2000年のこと。同時に妊娠4カ月であることも発表され、世間の驚きようは「福山&吹石結婚」の比ではありませんでした。2001年と03年に女児が生まれましたが、木村さんから家族の話題がほとんど出ないこともあって、2人の不仲説もたびたび報道されています。とはいえ、2人で仲良くサーフィンやドライブする姿がよく目撃されており、噂は事実無根の模様です。

●小雪(38)×松山ケンイチ(30)……松山さんの4度にわたる猛アタックにより、2011年に結婚。交際前には「あなたみたいなヒヨッコに私の相手が務まるの?」と小雪さんからキツめな一言をくらったというから、その関係性が窺い知れるというものですね。2012年、13年、今年7月と立て続けに3人の子供が誕生。いまでも小雪さんにベタボレな松山さんは、夜は寝かしつけに励むなど育メンとして妻をサポートしているそうです。

●吉田美和(50)×JUON(30)……2012年にロックバンド・FUZZY CONTROLのJUONこと鎌田樹音と結婚した吉田さん。2009年にドリカムのサポートメンバーとしてJUONさんが参加したのが2人の出会い。2007年に内縁の夫と死に別れ、立ち直れていなかった吉田さんにとって、JUONさんは再び歌への情熱を思い起こさせる存在であったようです。何しろJUONさんはまっすぐな姿勢で音楽を愛し、周囲からは「音楽バカ」ともいわれるほど。共に歩める相手を見つけた2人のさらなる活躍が楽しみです。

●常盤貴子(43)×長塚圭史(40)……1990年代から多くのドラマのヒロインを演じ「連続ドラの女王」と呼ばれていた常盤さんが、俳優・長塚京三さん(70)を父に持つ劇作家で俳優の長塚さんと結婚したのは2009年。6年間の交際を実らせてのゴールインでしたが、長塚さんは女性関係のいろいろな噂が絶えず、たびたび夫婦不仲説が報じられています。先日は真木よう子さん(33)との密会デートがマスコミにキャッチされてしまいましたが……そろそろ堪忍袋の緒がキレる!?

●田中美佐子(56)×Take2・深沢邦之(49)……1995年、女優とその元付き人という関係から衝撃のゴールイン。深沢さんの月収10万円に対して、田中さんの年収は一億円と100倍の年収格差婚ともいわれました。2002年、田中さんが43歳のときに待望の子供も授かり、夫婦仲は良好と見られていましたが、最近になって離婚秒読みの噂も。結婚から21年、ぜひこの危機を乗り越え、年上女房&年下夫の希望となってほしいです。

 母性本能をくすぐられ一緒にいると自分も頑張れると年上女子から高評価な年下男子たち。芸能界の姉さん女房のみなさんは若々しさ・美しさを保っている印象があり、年下男性との結婚はアンチエイジング効果も期待できちゃう!? いままで年上にしか興味のなかった女性の皆さんは、今後年下にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

木村拓哉も向井理も年下夫…「姉さん女房」の芸能人夫婦たち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.