日刊大衆TOP 女性向け

ここで願いが叶う!? 隠れた人気「離島パワースポット」で初詣はいかが?

ここで願いが叶う!? 隠れた人気「離島パワースポット」で初詣はいかが?

 いま、ひそかに話題を集めている「離島」。離島は日本国内のあちこちに存在しています。全国の離島関係者が集まり、離島の自然や文化、歴史など、その素晴らしさをアピールする『アイランダー2015』という交流事業が開かれ、離島への関心はさらなる高まりを見せています。ところで、そんな離島が愛知県にもあることをご存知でしょうか。そしてそこには願いを叶えてくれるというパワースポットがあるのです。そんな噂を検証するためにも、2016年の初詣は、離島へ行ってみるのも楽しいかもしれませんよ!!

 さて、そんな愛知県のパワースポット佐久島へは、西尾市にある一色港から高速船で渡ります。

001
高速船はまかぜ

 三河湾の中ほどに浮かぶ佐久島へは、約20分、片道820円の道のり。島には西港と東港の2カ所の港があり、はまかぜ、さちかぜ、という2台の高速船が交互に稼働しています。実はこの佐久島、かな~り不思議な島なんです。島の東半分と西半分とで雰囲気がガラリと変わるのが特徴で、東半分は夏になるとうっそうと緑が生い茂り、熱帯ジャングルのような雰囲気。紫色の砂浜が広がる海岸や、ヤブツバキの咲き誇る森があり、異国情緒が味わえます。西半分は古きよき日本を色濃く残す黒壁集落の家並みが続き、まさに壮観! この景観は「三河湾の黒真珠」と呼ばれ、隠れた人気スポットになっています。島に行く際は、東港での下船がおすすめ。港の近くでレンタサイクルを借り、自転車を使って島内巡りに出かけましょう。

002
世界的にも珍しい、新谷海岸の紫色の砂浜。紫色の貝(ムール貝など)の破片が集まってできた砂浜で、陽射しを浴びて美しい紫色に輝きます

 目指すパワースポットは、佐久島の東側、太井ノ浦の端に浮かぶ「筒島」にあります。この筒島へは防波堤のようなコンクリートブロックの上を歩いて目指しますが、満潮時や海が荒れているときはかな~り危険です。とはいえ、海が荒れていたらそもそも島に渡る高速船が止まるので、島に渡れる天気であれば問題ありません。

003
釣り人が多いので、それを避けながら渡っていきましょう

004
筒島に到着。異国の雰囲気満載です

 いよいよ、パワースポットの筒島へ。この参道に入った瞬間、空気が変わることに気づく人も多いことでしょう。ここに祀られているのは三河三弁天のひとつに数えられる由緒ある弁天様で、数多の蛇をしたがえる豪気な女神像です。その昔、甲斐武田家の家臣がこの島に来て、弁天様を拝んだことがあったそうです。そのとき、弁天様の目が輝いているのを見て奪おうとし、太刀で像に傷をつけたところ像から血が流れると同時に天地が大きく揺れ、その家臣はその場で卒倒。二昼夜苦しんだという伝説が残っています。目玉をくりぬかれようとしているのに、相手が死ぬほどまでは祟らないあたりがとても女性的で、佐久島弁財天のツンデレ感を窺わせますね。

005
弁財天本堂。こじんまりとしているけれど、清潔で、穏やかな雰囲気。神仏習合の名残からか、お堂(寺)なのに注連縄が下がっています

 以来、この弁財天には本当に神が宿るとして信仰を集めました。いまでは、島で採れる平べったく削られた石に願いごとを書いて奉納するのが願掛けのお約束。本気で願いをかけると、きちんと叶えてくれる……と、三河エリア近在の老若男女から幅広く人気を集めています。

006
健康や家内安全、そして恋愛成就を祈る願掛け石がたくさん奉納されています

 本堂の前にある木箱の中に、願掛け用の石が納められているので、まずはお金(300円)を奉納し、「この石だ!!」とピンとくるものをひとつ探し出しましょう。油性ペンなど必要なものはすべてお堂に用意されているので、願いごとを石に書き込みます。紅白の綱で囲まれた石置き場に積み上げれば願い事は完了。女性の神様なので、恋愛に悩んでいる女性にはとくに優しく恋の行方を見守ってくれるとか。

 あとは心を穏やかにして、弁天様が願いを叶えてくれるのを待てばいいだけ! 帰りの高速船の時間まで島内をゆっくりサイクリングし、島名物の「大アサリ丼」や「タコしゃぶ」をいただいちゃいましょう! ちなみに小さな島なので、平日は食堂類はほぼやっていません……。島でお腹が空いたらこちら。

007

 はい。東港のすぐ近くにある自販機に、「おでん」と「とんこつラーメン」が! こんなB級グルメを堪能できるのも、離島ならではですよ。

わぐりめぐみ
東京生まれ。作家・編集ライター・シナリオライター。るるぶ等旅行雑誌から職歴をスタート。ティーン、ストリート、サブカル、ライフスタイル誌等で幅広く活躍。著書に『そして、ありがとう… 犬と私の12の涙』(日本文芸社)、『B型妻VSA型夫 毎日がグチLove』(笠倉出版社)、共著に『ミニチュアダックスフントの洋服屋さん』(実業乃日本社)等がある。

ここで願いが叶う!? 隠れた人気「離島パワースポット」で初詣はいかが?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.