日刊大衆TOP 女性向け

ジャニー喜多川社長が代々木公園で偶然スカウトした「2人のビッグアイドル」

ジャニー喜多川社長が代々木公園で偶然スカウトした「2人のビッグアイドル」

 ジャニーズ事務所のスカウトといえば、ジャニー喜多川社長の審美眼によるもの。それに尽きるといっても過言ではない。声をかける場所はさまざまだが、昭和の時代には「公園」で未来の大スターを掘り当てることがまれにあったという。元・たのきんトリオのよっちゃんこと、野村義男は12歳でジャニーさんにスカウトされたが、その場所は東京・代々木公園だった。しかも、ゴーカートに乗っているときだ。そのときのジャニーさんは、担当していた川崎麻世ら数名の少年たちとの仕事帰り。働いたご褒美にと、ゴーカートで時間を潰してから帰路につこうとしていた。そのときである、野村という原石が視界に飛びこんできたのは……。そのとき、ジャニーさんは英語で野村に話しかけた。しかし、普通の小学生が理解できるはずがなく「え、わかんない、英語」とオドオドする野村。そのあとに名刺を渡され、とんとん拍子で事が進んだ。いまではギタリストや音楽プロデューサーとして活躍するよっちゃんにも、そんな初々しい時代があった。

 その数年後、再び代々木公園でスカウトされたのは元・光GENJIの諸星和己だ。諸星は中学生で13歳のとき、地元の静岡県から家出してきて当時大ブームだった「竹の子族」を観るために代々木公園に向かった。しかし、あいにく平日で「竹の子族」は見られなかったそうだ。仕方なく、そのまま野宿したとき、ジャニーさんが声をかけてきた。「ジャニーだけど」。諸星は状況をまったく把握できなかったが、とりあえず差しだされた「崎陽軒のフタのような」名刺をもらい、ポケットに入れた。しばらくし、諸星は友だちとはぐれ、所持金もわずか1200円しかなくなった。そこで名刺の存在を思い出し、記されていた電話番号に連絡をしたところ「合宿所にきなさい」。そして二つ返事でジャニーズ入りが決定。以降、そのまま居座ったのだという。ジャニーズ史上最大のスターといわれる看板アイドルだった諸星。まるで運命のいたずらのようなジャニー氏との出会いという偶然には、仰天せざるをえない。

ジャニー喜多川社長が代々木公園で偶然スカウトした「2人のビッグアイドル」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.