日刊大衆TOP 社会

永田町謀略録「政治家の殺し方」 第2回 橋本龍太郎(元首相) vol.3

[週刊大衆11月26日号]

女性の支持が厚かった彼らしい(!?)スキャンダルに、前述した"中国人女性問題"疑惑がある。
「首相在任前から長期間にわたって通訳を務めてきた中国人女性と不倫関係になったが、その彼女は、なんと中国当局の工作員で、いわばハニートラップだったという話です。彼女は、北京市と長春市の病院に、日本からのODA(政府開発援助)を引き出す任務で活動していたことが判明しています。一方で、この話の出所は政敵の新進党(当時)の小沢一郎周辺だという噂もありました」(ベテラン記者)

橋本亡きいま、真相はヤブの中だが、政界では支持率や求心力が低下したりするときに、こうしたスキャンダルが流れるのが常だ。

事ほどさように地雷が埋められた中央政界。はたして、このジャングルを"浪速の独裁者"橋下徹は無事に突き進んで行けるのか?
〈文中一部敬称略〉

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.