日刊大衆TOP 女性向け

2世代でジャニー喜多川にスカウトされた「美少年親子」

2世代でジャニー喜多川にスカウトされた「美少年親子」

 ジャニー喜多川社長の美少年を見極める審美眼は、国内随一といっていい。「1枚の写真で10年後が見える」といい、これまでジャニーさんは、履歴書に同封された、たった1枚のスナップから光GENJIやSMAP、嵐やTOKIOなどのスターを見出してきた。ところが、稀に特等枠がある。親が芸能人であるパターンだ。

 その際たるものがSixTONES京本大我だ。父が俳優・京本政樹で、母は元アイドル・山本博美というサラブレッド。ジャニーさんのインスピレーションが働いたのは、やはり1枚の写真だった。大我が11歳のときに撮った、ハワイの家族写真。それが偶然ジャニーさんの目に触れ、父の政樹を通じてスカウトに動いたのだ。そもそもその政樹も中学生の頃、ジャニーさんにスカウトされ悩んだ末、事務所に入所しなかった経緯がある。つまり親子2世代にわたってジャニーズに縁があり、大我は小学生で入所を決めた。

 高校生でサーティーワンアイスの宣伝キャラクターに抜てきされCMに出演、その後は映画『私立バカレア高校』をはじめ、演技経験を着実に積んだ。3年前には、『滝沢演舞城 2013』で初の親子共演を実現させた。昨年は、自力でミュージカル『エリザベート』のオーディションに合格。現在は、大御所・三田佳子の主演舞台『スーベニア SOUVENIR~騒音の歌姫』で、最年少キャストとして好演中だ。

 目を見張るような成長を遂げた、大我。10年前、ジャニーさんがたった1枚の写真に見出した小さな萌芽は、ホンモノだったというわけだ。

2世代でジャニー喜多川にスカウトされた「美少年親子」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.