日刊大衆TOP 女性向け

「甘酒」は“飲む点滴”!! 女性の美容と健康に最適

「甘酒」は“飲む点滴”!! 女性の美容と健康に最適

 インフルエンザなどで吐き気が止まらなくなり脱水症状に陥った時など、水分を補給する手段として使われる点滴。通常の点滴にはそれほど栄養が入っていないものの、直接体に送り込まれる水分と糖は、素晴らしい恩恵をもたらしてくれます。そんな点滴になぞらえて、「飲む点滴」と言われているのが甘酒です。今回は、そんな甘酒の特徴をご紹介しましょう。

●美白作用のあるコウジ酸
 麹菌が発酵することで生成されるコウジ酸は、シミやそばかすの原因であるメラニンを抑える効果があり美白が期待できます。ただ、このコウジ酸を内側から摂取し、美白になったという長期的な研究がないため、期待をしながら摂るというのがよいかもしれません。よくお酒を作る杜氏の手がキレイと言われていますし、コウジ酸配合化粧品もあります。添加物の入っていない甘酒を顔にパックしてみると効果がある……のかも!?

●アミノ酸が豊富
 体内で生成されない必須アミノ酸を含め、さまざまなアミノ酸が甘酒には含まれています。ただ、卵などと比べて量は少なく、日々飲んでいるジュースや清涼飲料水を、たまに甘酒に変えるくらいがオススメです。食事+αでアミノ酸を含む栄養素を摂ることができるのが素晴らしいですね。

●便秘解消にオリゴ糖
 甘酒には、疲労回復を手助けするブドウ糖以外に、オリゴ糖と食物繊維が含まれているため、乳酸菌の餌として腸内環境を整える効果に期待ができます。米麹の甘酒には基本、アルコールが含まれませんので、妊婦さんやお子さんにも安心ですね。ただし、酒粕で作った甘酒には微量のアルコールが含まれる場合もあるのでご注意ください。

 このように日々の食事の補助として摂るには申し分ない効果を発揮する甘酒は、アレンジすることで、さらにさまざまな効果をもたらします。バナナと甘酒をミキサーで混ぜれば、便秘解消効果が、甘酒にハチミツを入れれば栄養補給になります。ヨーグルトと一緒に摂ることで整腸作用を促進するなど、いろいろな食材とコラボが可能です。ただ、天然の糖分といえど、摂りすぎはよくありませんので、ほどほどに。桃の節句にも定番の甘酒パワーで内から外から元気に過ごしましょう!

長谷川正和
86年、神奈川県生まれ。男性のハンドモデルとしてコマーシャルから広告、再現VTR等に出演。物心ついた頃からお腹が弱いため、身体の「中身」のスキンケアも徹底している。

「甘酒」は“飲む点滴”!! 女性の美容と健康に最適

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.