日刊大衆TOP 女性向け

女性の大敵「しみ」と「そばかす」、その違いと対策は?

女性の大敵「しみ」と「そばかす」、その違いと対策は?

 紫外線はお肌にとって大敵。この紫外線により起こってしまう肌の変化、それが「そばかす」「しみ」などのエイジング現象です。

 ところでこのそばかすとしみ、「同じものじゃないの?」なんて思っている人はいませんか? 似ているようで実は異なるこの二つの、原因やケア方法についてご紹介しましょう。

 そばかすとは「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも呼ばれ、目のまわりや頬の上部、鼻の上などに散らばる粟粒大~米粒大ほどの大きさの茶色い斑点のこと。春から夏にかけて色が濃くなることがあります。

 原因は先天的なもの(思春期に増える)と後天的なものがあります。先天的なそばかすは成年すると消える場合が多く、後天的なそばかすは自然に消えることがほとんどなく、年齢を重ねるごとに目立つようになります。

 遺伝的・体質的にそばかすができやすいこともありますが、基本的には活性酸素の発生が原因になることが多く、紫外線を浴びることでメラノサイトが刺激を受けてメラニン色素を生成します。紫外線の害から肌を守るために肌の内部に色素が沈着してしまい、そばかすができるのです。

 予防・解消をするためには、日ごろからUVケアに気を付けること以外にありません。また、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、アルブチン、といった有用成分を配合した美容液を使い、栄養を肌に正しく補給することが必要です。

 そして、しみとは医学用語で「色素斑(しきそはん)」と呼び、メラニン色素が皮膚に沈着することによってできる皮膚疾患のひとつです。

 左右の頬に対称にあらわれる「肝斑」や、老化現象のひとつである「老人性色素斑」や「脂漏性角化症」などさまざまな種類がありますが、その理由は女性ホルモンの異常だったり、紫外線だったりとさまざまなので、紫外線から肌を守るだけではなく、体内を整えることが解決策になります。

 特に、頬に大きく浮き出てしまう肝斑は女性にとって悩みのタネ。ホルモンの崩れが原因なので、婦人科を受診して体調を改善することが肝斑を撃退する一番の近道になります。老人性色素斑はそばかすと同様に、UVケアとビタミンCなど有用成分を補給する以外に対応策はありません。

 ですが! UVケアを頑張るあまりヘルメットのようなサンバイザーをかぶったり、肌の露出を恐れ過ぎてミイラのような恰好になってしまう方は、周りから見て「残念な人」という印象を与えてしまいます。

「そばかす」や「しみ」は、あなたという人間が生きてきた歴史の証でもあります。むやみやたらに嫌うのではなく、ひとつの個性としてとらえてみてはいかがでしょうか。「見て見て、これ私のチャームポイント!」くらいに考えたほうが、精神的なストレスにならず、逆に若々しさを保つ秘訣になることを忘れずに!

わぐりめぐみ
東京生まれ。作家・編集ライター・シナリオライター。るるぶ等旅行雑誌から職歴をスタート。ティーン、ストリート、サブカル、ライフスタイル誌等で幅広く活躍。著書に『そして、ありがとう… 犬と私の12の涙』(日本文芸社)、『B型妻VSA型夫 毎日がグチLove』(笠倉出版社)、共著に『ミニチュアダックスフントの洋服屋さん』(実業乃日本社)等がある。

女性の大敵「しみ」と「そばかす」、その違いと対策は?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.