日刊大衆TOP 芸能

再始動した橋下徹、『報ステ』と「大臣」究極の選択

[週刊大衆2016年04月25日号]

再始動した橋下徹、『報ステ』と「大臣」究極の選択

 ついに“再始動”した稀代の暴れん坊。引く手あまたの前大阪市長が行きつく先ははたして、どちらなのか!?

“ナニワの喧嘩師”の第二幕が、いよいよ始まった! 昨年12月に大阪市長の任期を満了し、政界を引退した橋下徹(46)が、フリーアナの羽鳥慎一(44)との冠番組『橋下×羽鳥の新番組(仮)』(テレビ朝日系)をスタート。「11日からのレギュラー放送開始に先駆けて、3月23日には、予告特番『橋下×羽鳥の新番組始めます!』が放送されました。しかも、これがゴールデンタイムの3時間スペシャルという扱い。テレ朝が、橋下人気に大きな期待を寄せている証と言えますね」(放送作家)

 しかしながら、この特番の視聴率は、関西では15%に迫る数字だったものの、関東では9.9%と1桁台に甘んじてしまった。「特番では、待機児童問題も取り上げていましたが、それよりも、若者のピアスの是非や最近のチョコレートの値段といったソフトな話題が多く、橋下さんの表情も終始、にこやかでした。制作現場が橋下さんに気を遣い過ぎたところもあるのでしょうね。本人も関西だけでなく全国区の人気を得るには今までのままでは通用しないと考えたのかもしれませんが、舌鋒鋭い政治家時代の“暴れん坊・橋下”の姿を期待していた視聴者には、物足りなかったかもしれません」(芸能リポーターの川内天子氏)

 当然、レギュラー放送では、大きなテコ入れがなされるという。「特番後の打ち合わせでは、“8年間の政治家としての経験や思いを、なんとか番組に活かしたい”という橋下さんの意欲が、番組スタッフに伝えられたそうです。また、池上彰さんのように、ニュース解説のコーナーを作り、知識人としてのイメージを打ち出していきたいという希望があるそうです。なんとしても番組を盛り上げたいテレ朝は、橋下さんの要望を最大限採用するはず。なので徐々に、持ち味も発揮されてくるのではないでしょうか」(前出の放送作家)

 なぜ、テレ朝がここまで橋下を特別扱いするかといえば、裏にはこんな狙いがあるからだといわれている。「それはズバリ、彼の『報道ステーション』への起用ですよ。古舘伊知郎の降板で、後継者候補に宮根誠司ら多くの大物キャスターの名前が挙がったものの、調整はつかず。結局、自局の富川悠太アナに落ち着きましたが、彼は、あくまで大物招聘までのワンポイントリリーフにすぎない。『報ステ』のメインを橋下さんが張り、あらゆる既得権に激しく切り込んでいくような番組になれば、高視聴率は間違いないという読みがあるのでは。件の特番の収録には局幹部や報道の役員までが顔を揃えたといいますから、テレ朝の本気度がうかがえます」(前同)

次ページ >> 再始動した橋下徹、『報ステ』と「大臣」究極の選択

再始動した橋下徹、『報ステ』と「大臣」究極の選択

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.