日刊大衆TOP 芸能

炎上も才能? 神田うの、小倉優子ほか「主婦に嫌われる」ママタレたち

炎上も才能? 神田うの、小倉優子ほか「主婦に嫌われる」ママタレたち

 ママタレたちの活動の場であるインターネット。ブログやSNSなどの閲覧数に応じて収入が得られる、という「大人の事情」があるとの噂だが、その事情もあってか、なんでもない家事や子育てのことなど日々の暮らしを切り売りしている芸能人は多い。例え世間から嫌われて炎上しようとも、閲覧数があがれば商売になるのだ。そこで、とくに最近話題のママタレを徹底調査、ママとしての実力を判定してみた!

 12歳で「モーニング娘。」に加入し、あどけなかった辻ちゃんこと辻希美(28)もいまやお母ちゃんだ。2007年に俳優の杉浦太陽(35)と結婚後、立て続けに3人の子供を出産、2009年にママタレとしてアメーバブログを始めるも、かなりの変貌を遂げたビジュアルと合わせ、生活スタイル全般が世のお母さん方のイチャモンのターゲットに。その度にランキングが上がるので「炎上商法」ともいわれている。非難されているのはソーセージや冷凍食品を多用した料理や、葬式でも頭に大きなリボンをつけるといったTPOをわきまえないファッションなど挙げればキリがない。若いなりによく頑張っていると思うが、まぁとにかく気に食わないのだろう。12歳で芸能人になった辻ちゃんに一般常識を求めるほうが間違っているのかも?

 いっぽう、2011年にヘアメイクアーティストと結婚し、翌年に出産してからはちゃっかりママタレ枠に入り込んだ、ゆうこりんこと小倉優子(32)。アメブロでは、その生活ぶりをほぼ毎日披露しているが、こりん星がなくなってからも「姫っぷり」は変わらず。家具は白で統一、使う食器もエルメスやロイヤルアルパートなど高級ブランドで揃えている。料理はレシピ本を多く出版しているだけあってプロ級の腕前。結婚前に出演した『愛のエプロン』(テレビ朝日系)で、チョコレート入りのシチューやコロッケなどを作っていた「こりん星ビジネス」はもはや完全に黒歴史となった。華麗なるジョブチェンジ、お見事であります! ただし、セレブアピールが過ぎる感アリ。料理はレストラン並みの見栄えだが、世の奥様方は「ブログ用でしょ」と手厳しい。

 お次は2007年にパチンコチェーンの経営者と結婚し、自身がプロデュースするブランドも大成功と、セレブタレントとしてすっかり定着した神田うの(41)。子どもにはしばらく恵まれなかったものの、2011年に女児を出産。ブログは主に子育てが話題となっている。4歳の娘は昨年から名門のインターナショナルスクールに入園。神田いわく「手作り弁当」の写真をアップしているが、この内容が豪華すぎるとバッシング対象になってしまった。なんと、おかずにアワビ、飛騨牛のステーキ、松茸といった高級食材のオンパレードなのだ。伊東美咲(38)、山本モナ(40)、青山祐子アナ(43)などを始めとするママ友会のボスでもある彼女、弁当の件も含めて「成金ぽくて痛い」と感じてしまう?

 最後は日中ハーフの父と、ロシアと中国のハーフ母を持つ優木まおみ(36)。東京学芸大を卒業しているが、最近の彼女には「本当に頭いいの?」という疑問の声が続出している。2013年に結婚した美容師の男性との間に翌年、女児をもうけるが、批判の対象はこの子育て方法。まだ離乳食の赤ちゃんに、半熟の目玉焼きや大人のスナック菓子を与えたり、先日は、切ってない長いままのうどんを食べさせている写真をインスタグラムに投稿し、「ありえない!」とコメントが殺到した。これに対して優木は「ちぎって遊ぶ用のうどんだった」と反論し、「上から目線」「食べ物で遊ばせるなんて」とさらに火に油を注ぐ結果となった。現在、ちまたの既婚女性がもっとも注目しているママブロガーなのだ。とはいえ、4月からEテレの育児番組『すくすく子育て』の新MCにも抜擢され、ママタレとしてはいまのところ順調のようだ。

 好感度を得るか、それとも炎上を狙って閲覧数をかせぐか……。いずれにしても母ちゃんブロガーたちの“たくましさ”にはアッパレだ!

炎上も才能? 神田うの、小倉優子ほか「主婦に嫌われる」ママタレたち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.