日刊大衆TOP 女性向け

「ある場所」をほぐすとスッキリ下半身美人になれる!?

[ブリュレ]

「ある場所」をほぐすとスッキリ下半身美人になれる!?

 身体のダルさから無意識に自分のヒップをトントンと叩いていた、という経験はありませんか。それはもしかしたらでん部がこっているのかもしれません。

 肩や腰のコリはよく聞く一方で、あまり聞かないであろうヒップのコリ。これは大きく分けて3つの筋肉からなるヒップに疲れが溜まり、硬くなることで発症するそうです。考えられるコリの原因は、立ち仕事やデスクワークを一日中している、姿勢が悪く体が歪んでいる、ほかに運動不足の場合などがあげられます。でん部のコリが一因となって、腰痛や肩コリ、冷え性、足がむくむ、足が重いといった症状を招くそうです。

 コリが悪化すると坐骨神経痛の原因になる可能性があるので、気をつけたいもの。それではでん部のコリを和らげるほぐし方を紹介しましょう。

◆マッサージ
 ヒップの左右にある窪みが「環跳(かんちょう)」というツボです。ここを適度に押したり揉んだりしてください。カイロで温めるのもよいそうです。なお、整体や整骨院で「カンチョウを押してください」というと勘違いされる場合があるので「環跳のツボ」と言いましょう。

◆ストレッチ
 仰向けに寝た状態で両膝だけを立たせます。次にその状態のまま両膝を左右に、振り子やメトロノームのようにゆっくりと倒します。その際、両手をグーの形にして(こぶしを握り)、環跳のツボに当てるようにすると効果があがります。

◆自転車をこぐ
 筋肉をほぐすという意味で自転車こぎは効果的。坐骨神経痛の予防として、無理ない程度の筋力強化をしてみましょう。

◆和式トイレの座り方
 和式トイレに座るようなポーズを数秒間保つと筋肉が伸ばされます。

 いかがでしょうか。でん部の血流が悪くなると、代謝が落ちて脂肪がつきやすくなります。脂肪が凝り固まると老廃物を溜め、セルライトが増えるそうです。そのセルライトが下半身に流れ、下半身太りの原因になります。

 少しずつコリをほぐして血流をよくすることで、代謝が上がり、脂肪にもセルライトにも「サヨナラ」できるのです。身体のダルさを緩和するだけでなく、下半身美人にもなれるなんて、コリゃすごい!

長谷川正和
86年、神奈川県生まれ。男性のハンドモデルとしてコマーシャルから広告、再現VTR等に出演。物心ついた頃からお腹が弱いため、身体の「中身」のスキンケアも徹底している。

「ある場所」をほぐすとスッキリ下半身美人になれる!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.