日刊大衆TOP コラム

頭痛や胸やけに効く!?「ミイラ」は高級薬だった!!

[週刊大衆2016年04月25日号]

頭痛や胸やけに効く!?「ミイラ」は高級薬だった!!

 ミイラといえばエジプトのイメージですが、かつては日本でも「即身仏」と呼ばれるミイラが作られていました。僧侶が土中の穴に入って絶命し、自分の体をミイラ化させるというものです。日本の気候は湿度が高く温暖で遺体が腐敗しやすく、ミイラ作りには向いていません。そのため即身仏を目指す僧は、生きている間に脂肪と筋肉を極限まで落としたり、わざと脱水状態にするなどの対策を取っていたそうです。

 また江戸時代には、ヨーロッパからミイラを輸入し、薬として売っていました。ミイラの粉末は頭痛、胸やけ、めまい、日射病、難産などに効き、滋養強壮剤にもなる万能薬と考えられていました。舶来ミイラは超高級品で、買えるのは大名クラスの富裕層だけでしたが、5代将軍・綱吉の頃、赤坂の薬屋が「赤坂蜜人(あかさかみつじん)」と名付けた安いミイラ薬を発売。大ヒットしたという記録が残っています。しかしこの薬には本物のミイラではなく、代用品が使われていたというのが定説です。ミイラの代わりに使われたものとは、何だった?

(1)海藻
(2)松やに
(3)イモリの燻製

答えはココを押す! 答え:(2)

出題:浜川卓也

頭痛や胸やけに効く!?「ミイラ」は高級薬だった!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.