日刊大衆TOP 女性向け

中居、城島らが体験した超常現象「ジャニーズ合宿所の怪」

[ブリュレ]

中居、城島らが体験した超常現象「ジャニーズ合宿所の怪」

 かつては東京・原宿の一等地に存在していたジャニーズ合宿所。80年代には、近藤真彦や少年隊、男闘呼組ら人気スターが住んでいたとあり、合宿所付近は常に女性ファンであふれ返っていた。そんな先輩が次々と退去したあとに入ったのが、SMAP・中居正広、稲垣吾郎、TOKIO・城島茂だ。中居と城島の2人だけの時期もあり、合宿所は閑散としていた。

 そんな合宿所で、今なお語り継がれている身の毛もよだつ恐怖の実話がある。体験したのは、TOKIO結成前の城島と山口達也だ。互いにまだ、10代だったある日、城島が山口と同じ部屋で寝ていると、「ガチャ」と扉のドアが開いた。誰かが中を窺ったような気配を感じたあと、声の主は「失礼しました」と言い残して、その場を去ったという。城島は、「吾郎ちゃんかな」と思ったらしい。

 と次の瞬間、山口が突然飛び起きた。驚いた城島が「どうしたん?」と尋ねると、「金縛りにあってた」と言う。不気味な現象の連続に、年上の城島は「ちょっとリビング行こうか」と気を利かせ、明るい部屋へ移動した。

 そこにいたのは、ついさっき部屋を訪ねてきたと思われる稲垣だった。1人でギターを弾いている。稲垣はかなり前に帰宅してはいたが、城島たちの部屋のドアは開けていないという。そのあと3人で、中居の部屋へ。

 本人は就寝中だったが、電気を点けると電球が破裂。驚いて「ワーッ!」と叫んだあとにキッチンへ向かうと、電話が鳴った。受話器を取ると無言だったという……。

 ちなみに、電話の主はジャニー喜多川社長の可能性もあるというが、そのオチにたどり着くまでの数々の超常現象は、全くもって原因不明だ。閑散とした合宿所でそのようなことが起これば彼等でなくとも悲鳴を上げたに違いない。

 現在、この合宿所に誰が入居しているのかは不明だ。新しい合宿所は、渋谷区某所に転居している。

中居、城島らが体験した超常現象「ジャニーズ合宿所の怪」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.