日刊大衆TOP 芸能

有村架純の“あっぷっぷ”が「可愛い過ぎる」「天使の域」と大絶賛

有村架純の“あっぷっぷ”が「可愛い過ぎる」「天使の域」と大絶賛

 4月18日に放送された『1分間の深イイ話×しゃべくり007 皆が大好きな人気者合体SP』(日本テレビ系)に有村架純(23)と大泉洋(43)がゲスト出演した。

 冒頭、有村の経歴が紹介され、一年前の同番組出演から飛躍し、日本を代表する女優になったと有村をベタ褒めする一同。小さく首を振り謙遜する有村の様子に和やかな雰囲気だったが、初出演の大泉を紹介する段になって、スタジオの雰囲気が一変した。MCの上田晋也(45)が「問題はアンタだ。なんなんですか?『とにかく出るのを嫌がっていた』っていうのは」と、カメラの方を指さしながら大泉に詰め寄った。スタッフの進行台本を出演者に見せるカンペに『とにかく出るのを嫌がっていた』と書かれていたようだ。

 大泉はうつむきながら「怖かったですね、この番組に出るのが」と語り始め、「ずっと断ってきたのは本当」と、映画会社から出演を頼まれても拒否していた事を明かしていた。その理由としては「愛を感じない」「みなさんお笑いの武闘派でしょ?」「『何か出来るんじゃないですか?』って意地悪されそう」など、芸人のように面白い事を期待され、それに応えられるかどうか怖かったという。

 番組中盤、大泉が「“あっぷっぷ”の顔の可愛さには自信がある」と言い出したため、出演者全員で“あっぷっぷ”をやることに。番組の流れでは「大泉より有田のほうが可愛い」という結論になっていたが、視聴者の興味は有村が披露した“あっぷっぷ”に集中したようだ。

 ツイッター上では「やば。有村架純可愛すぎやろ 反則」「架純ちゃんのあっぷっぷ顔可愛すぎた」「有村架純のあっぷっぷ→悩殺と目の保養」「もう天使の域に達してる」「有村架純さんのあっぷっぷ死ぬほど可愛くてやばい」「あっぷっぷ見て癒されたしいい夢見れそうだ」など、有村を絶賛するツイートが溢れた。

「有村架純は2013年のドラマ『あまちゃん』(NHK)でブレイクし、今年はついに月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ)で初主演を果たしました。いま、最も旬な女優の1人です。最近は大人の色気も出てきたので、大胆なシーンへの挑戦も期待したいですね」(芸能誌デスク)――可愛い女の子は結局、何をやっても可愛い?

有村架純の“あっぷっぷ”が「可愛い過ぎる」「天使の域」と大絶賛

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.