日刊大衆TOP 社会

小泉進次郎「W選で勢力拡大?」自民党の救世主に

[週刊大衆2016年05月02日号]

小泉進次郎「W選で勢力拡大?」自民党の救世主に

 所属議員の“不祥事”が相次ぎ、株価も低迷。陰りの見える安倍政権がすがる“若きプリンス”が政局の中心に座る!?

 安倍晋三首相率いる自民党への逆風が止まらない。主眼の景気対策では円高に株安が止まらず、さらには、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が5兆円の損失を出していることが判明。国民の年金への不安も高まっている。「しかもタイミング悪く、甘利明前経済再生相が金銭を受け取った問題で東京地検特捜部が関係先の捜索に入りました。事件が再び注目を浴びる可能性が高いですね」(全国紙政治部記者)

 それでなくても、松島みどり元法相の“怠慢ぶり”が問題になったばかり。松島元法相は衆院外務委員会の席上、手で口を隠すこともなく大アクビ。よほど国会審議がつまらなかったのか、そのあと、ピンクの携帯電話を取り出していじり始め、ついには、背もたれに寄りかかりながら本を読みだす始末。そうかと思えば、「マスコミを懲らしめろ」など失言続きだった大西英男衆院議員が、「おい、巫女さんのくせに何だ!」と、職業差別とも取れる発言で批判を浴びた。

「安倍総理がこの問題を特に重視したのは、大西議員が衆院北海道5区補欠選挙の党公認候補の必勝祈願で、北海道神宮に行った際の出来事だったからです」(前同) 同神宮の巫女から「自民党はあんまり好きじゃないんです」と言われ、大西議員がその2日後、自民党細田派の総会でつい口を滑らせてしまったわけだが、「これは失言の中でも、かなり深刻」(党関係者)だという。

 24日に投開票される北海道5区補選。地元紙が実施した最新の世論調査では、野党統一候補が自民党候補を逆転していることが分かっている。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が続ける。「北海道5区は、(安倍首相の出身派閥である清和研の会長だった)町村信孝氏(故人)が守ってきた選挙区。また、北海道はTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)問題に直結している地域でもあります。この選挙区を自民党が落とすことになると、今後の政権運営や夏の衆参W選挙構想(7月10日投開票が最有力)に影響が出ます。北海道5区と同日に行われる京都3区の補選は候補者擁立を見送り“不戦敗”ですから、なおさら北海道を落とすわけにはいかないのです」

 京都3区は、“ゲス不倫議員”こと宮崎謙介前衆院議員の辞職に伴う補選のため、空気を読んで候補者を立てられなかった自民党。北海道5区でも敗れて補選に2連敗となったら、確かに「政界のムードが一変する」(前出の党関係者)かもしれない。

 一方、安倍首相の願望は、7月の参院選を衆参W選で戦い大勝し、一気に“後期安倍政権”の足場を固めてしまおうというもの。「長期不敗態勢を築いた後に自民党の総裁任期(連続2期6年まで)を変更し、任期が切れる18年9月以降も、総理・総裁の座をキープしたいというのが、本当の狙いです」(官邸筋) 衆参W選挙は過去2回あったが、いずれも自民党が大勝している。「安倍総理は“衆参同日は無敗”という、これまでの実績を意識しているようです。さらに、選挙下手で知られる岡田克也さんが民進党の代表を務めている間に衆院も……という気持ちが強いようです」(前同)

次ページ >> 小泉進次郎「W選で勢力拡大?」自民党の救世主に

小泉進次郎「W選で勢力拡大?」自民党の救世主に

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.