日刊大衆TOP 芸能

体操の天才・内村 濃いワキ毛の秘密

[週刊大衆7月1日号]

"体操の天才"内村航平(24)が、またひとつ大記録を達成した。
「今月9日、NHK杯で史上初の5連覇を達成。ロンドン五輪での金メダル獲得以降、体操界は内村フィーバー状態で、競技会にも女性ファンたちが詰めかけています」(スポーツ紙記者)

だが、ファンたちの目的は、内村の演技だけではないという。
「濃いワキ毛がたまらないという女性が多いんです。なんでも"かわいらしい顔とのギャップが最高!"なんだとか」(夕刊紙記者)

テレビで見ていても、ついつい気になってしまうワキ毛。これには賛否両論で、「"抜いて、お守りにしたい""お好み焼きの上に振りかけて食べたい"と絶賛の声から"見てると燃やしたくなる"と過激な意見まで大論争状態です」(前同)

なかには「見てくれが重要な採点競技に明らかにマイナス」といった意見もあるが、実際のところ、体操競技にとって、ワキ毛は有利なのか不利なのか。
「競泳などと違って、体操は体毛の有無で差は出ません。ただ内村の場合、剃ってしまうと、常人の5倍の精度ともいわれる重力感覚が狂う可能性があるでしょう」(体操競技関係者)

剃りたくても剃れないのが本音か!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.