日刊大衆TOP コラム

漢字の「卍」、さて画数は何画?

[週刊大衆2016年05月02日号]

漢字の「卍」、さて画数は何画?

「卍」は寺院を表す地図記号ですが、外国人の中にはこれを見て驚く人も少なくありません。ナチスドイツのハーケンクロイツによく似ているからです。どちらもルーツは同じで、数千年前にインドで作られた宗教的記号と考えられています。ナチスに利用されたせいで欧米でのイメージは最悪ですが、そうなったのは第二次大戦以降のことです。

 それまではむしろ逆。ヨーロッパを含めた世界中で幸運のシンボルと認識されていました。一説によると、キリスト教の十字も卍から変化したものだそうです。日本へは仏教とともに伝えられ、寺院や家紋のデザインに使われました。有名なところでは吉田松陰が卍を家紋に使っています。卍は記号でありますが、同時に漢字でもあります。読み方は訓読みが「まんじ」、音読みが「ばん」「まん」です。では、この漢字の画数は?

答えはココを押す! 答え:6画=卍の部首は「十」。この2画に4本の線を足して6画。

出題:浜川卓也

漢字の「卍」、さて画数は何画?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.