日刊大衆TOP 芸能

カズ&高橋尚子の名前も浮上 猪木も霞む参院選超大物候補

[週刊大衆7月1日号]

アントニオ猪木の参院選出馬ニュースが話題となっているが、これは氷山の一角……。実は各政党が有名スポーツ選手に水面下で交渉を持ちかけていた!
「自民党は、K-1の元人気選手・佐竹雅昭を擁立しますが、小物感は否めない。ほかに、フィギュアスケート金メダリスト・荒川静香や、バラエティー番組でも人気のプロレスラー・佐々木健介にも打診したという話です。佐々木は、かつてタッグを組んでいた馳浩代議士が接触したが、色よい返事はもらえなかったようです」(スポーツ紙記者)

参院選は比例代表があるので、大物候補で浮動票を上積みできれば、党の集票に直結するため、各政党が躍起になっている。それもスポーツ選手が狙い目だ。
「近年は、タレント候補よりも浮動票を集められます」(前同)

なかでも、党の存続をかけて起死回生策を巡らせているのが民主党だ。
「日韓W杯の開催などに尽力した議員の多い民主党は、サッカー界との繫がりが深い。ラモス瑠偉や岡田武史・元代表監督にも懇願したようですが、まあ、落ち目の民主党からでは、首を縦には振らないでしょうね」(全国紙政治部記者)

いまや国民的競技として定着したサッカーだけに注目度は高く、永田町ではこんな声も聞こえてくる。
「注目は三浦和良で、政界転身となれば、インパクトは桁違い。自民も民主もカズの引退に備え、一昨年から接触しているとの有力情報もあります」(前同)

さらに、意外な美女アスリートの名前まで浮上しているという。
「高橋尚子ですよ。人気は当然、爽やかさと親しみやすさは他の追随を許さない。自民党が、陸連とのパイプがある森喜朗・元首相を通して要請をしているようですから、サプライズもあり得ます」(陸連関係者)

選挙の鍵を握るのは浮動票とはいえ、候補者選びは慎重にやってくれ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.