日刊大衆TOP トレンド

銀行マン…etc.“お金のプロ”がやっている!「ホントに儲かる」投資、こっそり教えます

[ヴィーナス2016年05月04日号]

銀行マン…etc.“お金のプロ”がやっている!「ホントに儲かる」投資、こっそり教えます

 40代ともなると、もう人生の折り返し地点。今までは貯金がなくても楽しくやってこれたが、そろそろ老後の資金について考えなければいけない年頃だ。仕事を引退する60代までに、いったい、どれくらいの資産があればいいのだろうか。

 経済ジャーナリストの荻原博子氏は「最低でも1500万円は必要」と言う。「サラリーマンの場合、1500万円さえあれば最低限の生活はできます。ただ、自分が引退したとき、今と同額の年金が受給できるとは限りません。できることなら、60歳までに2000~3000万円は貯めておきたいですね」(前同)

 とはいえ、ゼロからのスタートはツライもの。節約ばかりではなく、攻めの運用でガツンと増やしたい! そこで、お金を知り尽くしたプロたちに、本当にやっている究極の投資術を教えてもらった。

●初心者向け! 1万円~10万円

『金持ち老後のつくりかた』など多数の著書を持つ、ファイナンシャルプランナーの深野康彦氏が自らも実践し、手堅く増やしているというのが“株”。「今は数万円の資金で株主になれる時代です。FXと違って投資額以上の損はなく、初心者にも安心」(前同)

 指定銘柄を毎月一定日に一定額(1銘柄につき月々1万円~)購入する“るいとう(株式累積投資)”なら、1万円でも株主になれる。「まずは、株価の値上がりで儲ける“売却益”狙いをやめること。配当や株主優待に注目することが、手堅く儲ける秘訣です」(同)

 というのも、上場企業の配当額は2002年と比べて、平均5倍以上に増えているという。「会社の余剰金を取り崩して配当金に回せるため、『パナソニック』の例だと、09年に大赤字を出しても初年度は配当金が出ました。株式の大量取得による乗っ取りを防ぐために、従業員の給料を抑えてでも、株主への利益還元を優先する会社が多いんです」(同)

 たとえば、配当利回りが4%の会社の株を運用したとする。配当金が変わらない前提で5年間、株を持ち続け、配当で得た資金も再投資すれば、投資額は1.2倍にまで膨れ上がる。「『みずほフィナンシャルグループ』の場合、配当利回り4.18%(3月18日現在)ですから、金利0.01%のみずほ銀行の定期預金に預けるよりも、株主になったほうがお金が増える可能性は高いと言えます」(同) この投資術のメリットは、「株価が上がれば売却益が期待でき、下がれば安い株価で買い足して配当金を増やせます」(同)

 銘柄選びについては、「連続増配年数が多い会社や配当利回りが高い会社が買い」(同)だという。また、優待で儲ける手も。「『吉野家ホールディングス』は、配当利回りはあまり高くないものの、半期に一度、3000円のサービス券が貰えます。金券屋に売ることもできますから、このような株主優待が手厚い企業の株を買うのもオススメです」(同)

次ページ >> 銀行マン…etc.“お金のプロ”がやっている!「ホントに儲かる」投資、こっそり教えます

銀行マン…etc.“お金のプロ”がやっている!「ホントに儲かる」投資、こっそり教えます

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.