日刊大衆TOP 娯楽

『太陽にほえろ!』でデビューした渡辺徹の原点は挨拶「うっかり馬之助コラム」

 以前にも書いたことがあるが、著名人にインタビューすると、1時間にも満たない取材時間にも関わらず、学ぶことが多い。たとえば、俳優の渡辺徹さんがそうだった。

 あれは今から35~37年ほど前。彼が人気番組『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)でデビューして間もない頃だと思う。彼が20代前半だった時のことだ。インタビューした場所は撮影現場だった。話を聞いていると、彼の知り合いが頻繁に近くを通る。その度に、渡辺さんはあの笑顔を浮かべて「おはようございます。今日もよろしくお願いします」と挨拶をする。ちょっと遠くを通りかかった人にも、大きく手を上げて大きな声を出して、きちんと挨拶していた。

 こんなに丁寧に人に応対する人も珍しいので、びっくりした。と同時に“この人は出世するに違いない”と思った。40年近くの月日が流れた現在、俳優としてはもちろん、バラエティ番組でも人気を博している渡辺徹さん。彼のスター性の原点はあの挨拶にあるのかもしれない。

 さて、G3オールレディース(ボートレース大村)が開催中。礼儀正しく、応援したい選手は、ますます元気なベテラン・日高逸子選手(福岡)。今節でも中心選手となっており、ライバルと目されるのはベテラン勢の山川美由紀選手(香川)と谷川里江選手(愛知)。3人とも初日のドリームレースに出走したが、最終日の優勝戦でも、3人が激突する熱い攻防を見てみたい。

『太陽にほえろ!』でデビューした渡辺徹の原点は挨拶「うっかり馬之助コラム」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.