日刊大衆TOP 芸能

ローラと真木よう子、下積み時代に経験していた「知られざる共通点」

[ヴィーナス2016年05月04日号]

ローラと真木よう子、下積み時代に経験していた「知られざる共通点」

 芸能美女たちのなかには、売れるまでに苦労している人も多い。いまや大ブレイクを果たしたローラ(25)と女優の真木よう子(33)も同様だ。 「いやあ、調べてみると、いろいろと出てくるんですよね。俺が一番驚いたのは、ローラ。東京・稲城市にある某ホームセンターで、レジ打ちや品出しのアルバイトをやっていたことですね(笑)」というのは芸能ライター。あのローラがレジに立っていた!?

 にわかには信じ難いが、同市在住の会社員男性も次のように証言する。「あそこのスタッフはみんな、グリーンのエプロン姿でね。その中でもひときわ“おっ”と目に飛び込む美少女がいて、男性客は自然と彼女のレジに並んじゃうんだよ。俺の記憶では、すごくおとなしくて真面目そうな女の子だったよ」 いやはや、なんとも……いい意味で、ローラのイメージが崩れる話ではないか。この芸能ライターが続ける。「今をときめく芸能美女だって、世に出るまではフツーの女の子ですからね。若い頃はけっこうアルバイトもしているので、その歴史を知ると、妙な親近感も湧くものです」

 さらに、ローラと同様、レジを打っていたのが真木よう子。「彼女はデビュー前、スーパーでレジ打ちをやっていたんです。地元の悪ガキたちが“レジにスタイルのイイ女がいる”と聞いて、よくコソコソ見にきて、お菓子を買っていったそうです」(スポーツ紙芸能班デスク)

 ああ、かごいっぱいに商品を詰めて、彼女がレジ打ちをしている間、ずっと見つめていたいものだ!

ローラと真木よう子、下積み時代に経験していた「知られざる共通点」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.