日刊大衆TOP 女性向け

日焼け止めの「SPF」「PA」って何?~日焼け止めの選び方

[ブリュレ]

日焼け止めの「SPF」「PA」って何?~日焼け止めの選び方

 ギラギラと輝く太陽から紫外線が降り注ぐこれからの季節。ビタミンDの生成に日光は不可欠ですが、紫外線による肌ダメージも気にかかります。市販されている日焼け止めには「SPF10」や「PA+」などの数値が書いてあり、どうせ買うなら数値が高いほうと選んでいる人もいるかもしれません。ここではそんな数値について、なるべく簡単におさらいします。

 まず「SPF」とは、シミやそばかすになりやすい(肌表面)タイプの紫外線を防いでくれます。SPF1で約20分間紫外線を防ぎます。SPF10ですと、20分×10で200分、つまり3時間20分防いでくれることになるわけです。ただ、あくまでも目安であり、日に当たると肌がすぐに赤くなる方はそれよりも効果は早く終わると思ってください。

 次に「PA」は、シワやたるみといった肌を老化させる原因となる(肌の深くに届く)タイプの紫外線を防いでくれます。PA+とプラスの数が多いほど効果が高まります。

 日焼け止めの耐久時間や効果は、それぞれ製品に書かれた使用量を塗ってこそ効果が出ます。最近では、一度塗れば効果が長く保たれるように、SPFが高めの商品も増えています。

 では、長時間守ってくれて効果の高い「SPF50+、PA++++(現時点で最大)」の日焼け止めがよいのでしょうか。基本、SPFもPAも高くなるにつれ、肌に負担もかかります。汗で日焼け止めが流れてしまえば、塗り直しをする必要も出てきます。

 医療系ジャーナリストの間でも、「そんなに厚く塗らないのだから、数値が高いほうがよい」という意見や「日々進化しているといえど、数値の高いものは肌に負担をかける」といった話に分かれるそうです。

 総合的に判断をすると、海やプールといったレジャーには数値が高く、ある程度耐水性があるウォータープルーフのものを使うといいでしょう。日常生活では、「SPF30、PA++~PA+++」程度で、敏感肌に優しいノンケミカルと表示されたものをオススメします。あなたに合った日焼け止めを見つけて、シミひとつないキラキラ輝く肌を目指しましょう!

長谷川正和
86年、神奈川県生まれ。男性のハンドモデルとしてコマーシャルから広告、再現VTR等に出演。物心ついた頃からお腹が弱いため、身体の「中身」のスキンケアも徹底している。

日焼け止めの「SPF」「PA」って何?~日焼け止めの選び方

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.