日刊大衆TOP 娯楽

競輪一家・女子レーサーの全力疾走は美しい…

1isii1

001

 競輪選手になった動機は「憧れの職業だったから」という藤原亜衣里選手。それもそのはず、藤原選手は、実父の実(26期=引退)と実兄の憲征(85期)が競輪選手という一家に育った。その想いは学生時代から発揮され、法政大学在学時、インカレのスプリント競技で2001年2位、02年には3位という素晴らしい成績を挙げている。その後、10年に弥彦競輪場で発足したサイクリングクラブ『CLUB SPIRITS』に入会し、11年、クラブの同僚の中川諒子らとともに日本競輪学校を受験。見事、合格を果たした。

次ページ >> 競輪一家・女子レーサーの全力疾走は美しい…

競輪一家・女子レーサーの全力疾走は美しい…

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.