日刊大衆TOP 芸能

波瑠に倉科カナ、あの女優たちが落ち続けた「NHK朝ドラオーディション」のウラ事情

波瑠に倉科カナ、あの女優たちが落ち続けた「NHK朝ドラオーディション」のウラ事情

 能年玲奈(22)や土屋太鳳(21)などのスターを数多く生み出してきたNHKの連続テレビ小説。若手女優の登竜門ということもあり、10月にスタートする『べっぴんさん』のヒロインを決めるオーディションの応募者は2261人にも上った。作品のたびに応募する女優も多く、今回ヒロインに選ばれた芳根京子(19)も4回目の挑戦だったという。そもそも朝ドラのオーディションとは、どのようなものなのだろうか。あまり知られていないその中身について調べてみた。

 まず気になるのが、オーディションの応募者数だ。最多だったのは『あさが来た』(2015年後期、主演・波瑠)で2590人。続いて、現在放送中の『とと姉ちゃん』(主演・高畑充希)の2564人となっている。『あさが来た』のヒロインは「相撲好きのおてんば娘」という設定だったため、応募者同士で相撲をとる“審査”があったというから驚きだ。多数の応募者の中から勝ち抜いてきた二人だけあって、『あさが来た』、『とと姉ちゃん』ともに20パーセント以上の平均視聴率をたたき出しているのはさすがといえる。逆に応募者数が最も少なかったのは『マッサン』(14年後期、主演・シャーロット・ケイト・フォックス)で521人。これはヒロインが英国出身という設定の上、歌に自信があるなど応募の条件が厳しかったのが理由とみられる。

 続いてヒロインを演じた女優たちの応募回数を見てみよう。ともに4回で並んだのが、波瑠(24)と芳根京子の2人だ。上には上がいるもので、『ウェルかめ』(09年後期)の倉科カナ(28)はなんと5回目の挑戦で念願をかなえている。約1カ月にわたるオーディションの間は「ヒロインは倉科カナが演じる、私が受かる」と念じ続けていたというが、何度落ちても決してあきらめない女優魂には感心させられる。

 ようやくヒロインに決まった後は、ハードスケジュールが待ち構えている。月曜日はNHKのスタジオで一週間のリハーサルを行い、火曜日から金曜日までは収録だ。収録は朝9時にスタートして、深夜0時をまわることもあるという。そんな過酷な状態が約8カ月間にわたり続くことになるが、それを乗り越える強さがないと女優としては大成しない。朝ドラは女優を鍛え、磨いてくれる“道場”でもあるのだ。

波瑠に倉科カナ、あの女優たちが落ち続けた「NHK朝ドラオーディション」のウラ事情

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.