日刊大衆TOP 芸能

稲村亜美「目標は、プロ野球12球団の始球式を制覇すること!!」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2016年05月30日号]

稲村亜美「目標は、プロ野球12球団の始球式を制覇すること!!」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 記念すべき333回目は、“トリプルスリー”にふさわしく稲村亜美さんの登場! 短いスカートのスーツ姿で大飛球を打つウェブCMで注目の的となり、“神スイング”というニックネームもついた彼女に、CMの裏話から意外な素顔まで、いろいろ聞いちゃいました!

――昨年3月にネットで流れたトヨタ自動車のCM。スーツ姿の稲村さんの豪快なスイングは、ため息が出るほど素晴らしかったです。

稲村:ありがとうございます。でも私の力じゃないですよ。やっぱり、ジャージとかだったらあんなに話題にならなかったなって私も思いますし、共演していただいた投手役や捕手役の方が決まっていたから、私もカッコよく見えたんです。

――そんなことないですよ。あれだけ決まる女性はなかなかいません。出演のきっかけはスカウトですか?

稲村:いえ。オーディションがあったんです。私、野球の経験があったので、受けてみたんです。

――オーディションでは、どんなことをしたの?

稲村:もちろん素振りもしましたけど、それ以外にも投げるのとか、ダイビングキャッチもやらされましたね。もともと投手だったんで、投げるのは得意だったんですが、ダイビングキャッチをやったことがなくて。

――でも、もちろんやってのけたんでしょ!?

稲村:はい。できないとは言えなくて。それで思い切って跳んだら、膝がアゴに当たっちゃって……。やっぱり、できないことをするもんじゃないですね。

――きっとそのガッツが目に留まったんですよ!

稲村:でも、他にもうまい人がいましたから、まさか自分が選ばれるとは思いませんでしたね。

――野球はどのくらいやっていたんですか?

稲村:小学1年から中学3年までの9年間、やっていたんです。小学生の時は少年野球チームで、中学の時はシニアリーグでした。

――それはスゴい! だからあんな決まってたんだ! でも、なんで野球を?

稲村:私、兄が2人いて、どちらも野球をやっていたんです。その試合や練習を母と見に行っているうちに、コーチとも知り合いになって、気づいたら自分も始めていました(笑)。一応、小学校高学年の時は、キャプテンだったんですよ。

――じゃあ、ご家族もCMを見て喜んでるでしょ!?

稲村:どうなんでしょう? 上の兄は「ちまたでは“神”なんて言われているらしいけど、俺のほうが“神スイング”だ」って言ってます。

――ハハハハハ(笑)。兄弟で張り合っているんだ。

稲村:お前には負けない、みたいなことも言っていましたね(笑)。

――それにしても、あのスイングができるってことは、練習も相当キツかったんじゃないですか?

稲村:そうですね。土日もほぼ練習だったし。特に私たちの代は、とにかく走らされて……。試合に負けると走らされるんですよ。もっとも、勝っても走らされたんですけど(笑)。

――中学生くらいの女の子だったら、友達と遊びに行ったりするでしょ? そうしたくならなかった?

稲村:メチャクチャなりましたよ。だから、たまに「お腹痛いんで練習休みます」って言って、遊びに行ったこともありましたね(笑)。

――でも、そこまで頑張り通して“神スイング”を身につけたなら、プロを目指そうとか思わなかった?

稲村:確かに野球は好きだし、頑張ってはいたんですが、私の中で“野球は中学まで”って決めてたんです。高校に行ったら、全然違うものに挑戦してみようって思って……。

次ページ >> 稲村亜美「目標は、プロ野球12球団の始球式を制覇すること!!」ズバリ本音で美女トーク

稲村亜美「目標は、プロ野球12球団の始球式を制覇すること!!」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.