日刊大衆TOP 女性向け

剛と光一の禁断キスも…「衝撃的ラブシーン」をこなしたジャニーズたち

[ブリュレ]

剛と光一の禁断キスも…「衝撃的ラブシーン」をこなしたジャニーズたち

 アイドルにラブシーンは禁忌なんて、今は昔。特にトレンディドラマ最盛期に、SMAP木村拓哉がアイドル兼俳優のトップランナーとしてひた走り、生田斗真や嵐の二宮和也、V6岡田准一がスクリーンで高い評価を得た現状を考えれば、ラブシーンは避けて通れない。そして、アイドルの殻を破り、役者として活躍する転機にもなる。

 KinKi Kidsの場合は、その時期がかなり早い段階で訪れた。歌手デビューするおよそ3年前の1994年に放送されたドラマ『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』(TBS系)がその作品だ。名門男子中学校を舞台に、人々の激情や壮絶な復讐劇を描いた衝撃作で、野島伸司が脚本を手がけたとあり、社会のタブーや人間の闇が生々しく描写されていた。

 同作で堂本剛は、成績優秀で正義感も強く明るい生徒役、堂本光一はそんな剛の同級生で、表面的には秀才だが複雑な家庭環境から裏の顔を持つ生徒を演じた。ストーリーそのものも好評だったが、2人の名を世に知らしめることとなったのは男同士のキスシーンだった。

 プールサイドで倒れる剛に、光一がキスをするシーンがある。いまのようにBLがメジャーではなかった時代、若手俳優同士のキスシーンはそれだけでショッキングだった。この作品を機に、2人は俳優として確実にステップアップした。ちなみに、本編ではたった1回の接吻だが、リハーサル、撮り直し、スチール撮影も含めると10回以上はキスをしていたという。

 昨年はHey!Say!JUMP中島裕翔も主演映画『ピンクとグレー』でラブシーンに挑戦している。NEWSの加藤シゲアキが原作を書いているこの作品で、中島は光と影を背負いながらも、芸能界でスターになっていく青年の役を演じた。注目されたのは、女優の役を演じる夏帆を相手にしたベッドシーンだ。

 そのシーンでは、何度も唇を重ね、荒い息づかいを漏らして、行為にふけるという迫真の演技を披露。ほかにも、大勢の女性たちと情事に溺れるシーンが繰り返され、ファンにとっては衝撃的な内容となっていた。

 中島といえば今年4月、およそ20歳年上の女優・吉田羊との熱愛報道が週刊誌に報じられたが、全ては芸の肥やしか、という憶測も飛んでいる。7月スタートのフジテレビ連続ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』では、待望のゴールデンタイム初主演のチャンスをゲットし、今後ますます勢いに乗りそうである。役者として一皮むけた演技に期待したい。

剛と光一の禁断キスも…「衝撃的ラブシーン」をこなしたジャニーズたち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.