日刊大衆TOP 芸能

本誌だけが知っている!ゴジラ松井「謎のカミさんはGカップ美女」

[週刊大衆5月6・13日合併号]

長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督との"師弟で国民栄誉賞"受賞が決定した松井秀喜氏(38)。5月5日、東京ドームでの授賞式が晴れの舞台となるが、担当記者たちの間では、こんな議論が噴出している。
「はたして、松井の嫁さんは来るのだろうか……」

08年の結婚から5年間、一切、表舞台に姿を現わすことのない松井夫人。最も気の置けない友人である星陵高校野球部のメンバーでさえ、松井夫人についての情報はゼロ。
「野球部のメンバーは長いつき合いだし、お互いの結婚のときには顔合わせもしています。でも、松井だけは結婚以来、一気に水臭くなった気がしますね。嫁さんについて何か聞いても"いや、何も話せないんだ"って、苦笑いしていますよ」(野球部OB)

あまりにも人前に姿を見せず、一時は「実在しない」説まで囁かれた"松井のカミさん"。現在までの数少ない報道をまとめると、「富山県出身で、年齢は松井の8歳下。長身の黒髪美人で、長澤まさみや長谷川京子似。スポーツ用品メーカーの秘書時代に知り合ったようです」(専門誌記者)

結婚後は夫の健康に留意して愛妻弁当を作ったり、落ち込んだときに明るく勇気づけたりと、献身的なサポートを続けてきた。そして今回、本誌は夫人についての貴重な新情報をキャッチ。ある機会に夫人を目撃したX氏の証言を聞いていただこう。
「松井の嫁さん? 美人ですよ。結婚会見のときに似顔絵が出ましたけど、結構似てます。それから、あまり大きな声じゃいえませんが、おっぱいも大きい。Gカップはあるでしょう」
また、気が強いようで、「松井も奥さんに頭が上がらない。"人前に出たくない"という夫人の意向を頑なに守っています」(前同)

今年3月に、待望の長男が誕生した松井夫妻。さらに国民栄誉賞受賞と、めでたいこと続きだが、夫人の様子はどうなのか?

夫人の実家に本誌記者が電話すると、母親が対応してくれた。
「(孫が生まれたことは)本当におめでたいことなんですけど……取材は、松井秀喜さんのほうを通していただかないと、何もお話できないんですよねえ。ごめんなさいねえ」

現役生活の終盤、満身創痍のゴジラを支えてきた夫人の働きは、まさに国民栄誉賞クラス。いつか、夫婦揃った姿を見せてほしい。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.