日刊大衆TOP 芸能

木村文乃「最低ですね」バイきんぐ小峠の発言に、ドン引き

木村文乃「最低ですね」バイきんぐ小峠の発言に、ドン引き

 5月17日放送の『スッキリ!!』(日本テレビ系)に女優の木村文乃(28)、俳優の佐藤二朗(47)、バイきんぐの小峠英二(39)が出演。小峠の発言に木村がドン引きする一幕がみられた。番組後半、「エンタメまるごとクイズッス」のコーナーに、「オランジーナ」の新CM発表会に出席していた木村、佐藤、小峠がVTRで登場した。今回の「オランジーナ」新CMは、フランスから美人なオランジーナ先生がやってきた、というストーリーで展開されている。

「もし先生になれるとしたらどんな先生になりたいか?」と質問された木村は「保健体育」と回答。佐藤と小峠は「あ、いいね~」と声を揃え納得した様子をみせた。続けて木村は「でも、いわゆる女性っぽい先生じゃなくて、もっとサバサバとした、ちょっと教えにくいこととか、そういうこともさらっと言えるようなかっこいい先生になりたいですね」と保健体育の先生を選んだ理由を語った。

 それを聞いた小峠が「いや~いいですよね~」とうなずき、すかさず佐藤が「あなた、いやらしい意味で言ってるでしょ?」と指摘すると、小峠は「もちろんです」「こういう保健の先生いたらたまんないですよ、我々男子生徒は」と答えたが、この発言に木村は「最低ですね……」と完全に引いた様子。懲りずに小峠が「最低って言われる感じも僕好きですから」と返すと、木村は気持ち悪いと言わんばかりに身震いしていた。

「24歳までほぼ無名だった木村文乃ですが、CM出演がきっかけで人気が急上昇。その清純さを感じさせるルックスと確かな演技力で、高い好感度を獲得して、一躍トップ女優になりました。確かに、彼女のような先生がいたら、男子生徒はたまらないでしょう。今回のCMで、さらに評価が高まるかもしれませんね」(芸能誌記者)

 インスタグラムで投稿する手料理の写真も好評の木村文乃。主人公の外国人教師の同僚役を木村が演じる「オランジーナ」の新CMは5月24日からオンエア予定だ。

木村文乃「最低ですね」バイきんぐ小峠の発言に、ドン引き

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.